jump to navigation

iPhone 6、開封の儀。 September 22, 2014

Posted by marr0528 in iphone.
Tags: , ,
add a comment

みなさま、ご無沙汰しています。幸運にも今年の私は、発売初日の午前8時ちょうどにアップルストアに入店し、新しいiPhone 6を入手することができました。日本国内でも、かなり早いタイミングだったのではと思います。(また、久しぶりに、ちょっぴりテレビに映ってしまっていたようです。)

そんな訳で?しばらく更新が滞っていたブログを書く気力(というか義務感・正義感)が湧いてきました。久しぶりで要領を得ないところもありますが、開封の儀、行ってみようと思います!(このブログが元気だった頃の記事(iPhone 5, 4 White, 4)も、お時間あればどうぞ)。

まずは、箱を見てみます。お約束で、立たせてみました。今回の箱は、うっすらと紙一枚分のiPhoneのシルエットがポイントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早速、ご開帳!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャンディーのようにマルっとした白と金色の筐体が姿を見せる、ワクワクする瞬間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

筐体全体を包み込むゴールドと白の色合いが、やわらかいですね。5sのゴールドとも全く違った、新しさがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紙一枚まで研ぎ澄まされた、説明書をご覧あれ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手に持ってみると、第一印象は、大きい・・・。初代iPhoneから7年間、同じ横幅に慣れてきた身としては、Plusにしなくてよかった、と思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近づいてみると、キレイの一言。この丸みはいいですね〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真横から見てみましょう。とにかく薄いなぁ・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

床に置いてみます。この画面の側面の緩やかな丸い様子が、見た目も、触り心地も、素晴らしいです。これが、今回の筐体最大のチャームポイントではないかと私は感じています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

背面は・・・、ひろい。ちょっと広いです。これは綺麗なままで留めておきたいなぁ〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日のところは、ここまでです。もしも気持ちが乗れば、さらに使用感のレポートがあるかもしれません!

iPhone 5開封の儀(後編) September 23, 2012

Posted by marr0528 in iphone.
Tags: ,
add a comment

前編の続きです。

ゆっくりと上蓋を持ち上げて・・・、きらめく筐体が見えました!

いつもながら、このパッケージングには感動。半身を箱に沈めて現れる姿が、美し過ぎます。

近づいて見てみましょう。わー、今回はアンテナ周りの継ぎ目も白くなっているんですね(デザイン的には、善し悪しだと思いますが)。

今回からの大きな変更点であるLightningコネクタ周り。すっきりしてます。

初代から変わらない、筐体の下の内蓋の存在。つまみをつまんで、持ち上げてみましょう。

内蓋の下には、真新しい景色が!新設計のヘッドフォン「EarPods」と非常に丁寧に整えられたLightningのケーブルが新鮮です。

EarPodsのケースは、裏に林檎マーク。これ、何か小物入れにしようかな…。

内蓋の中には、いつもどおりに説明書が「Hello.」と顔を出してくれました。

中身を全て並べると、この通り。いつもながら、シンプルです。

両面に貼られたフィルムを剥がして、以上で開封の儀はすべて終了です!

ちょっと昔を振り返って頂くために、これまでのiPhone 4の開封の儀はこちら。

iPhone 5開封の儀(前編) September 23, 2012

Posted by marr0528 in iphone.
Tags: ,
add a comment

ソフトバンクオンラインストアで注文していたiPhone 5が届きました。お約束ですので早速行きましょう、「iPhone 5開封の儀」です。

先ずは、(あまり見る価値がありませんが)ソフトバンクの段ボールから。

箱を開きましょう、ドン。

中には、納品書と共に、ソフトバンクのおとうさんストラップが・・・!これは予想外だ!!

さて、気を取り直して、肝心なものを見に行きましょう。まずは、今回新しく小さい規格になったSIMカード「nano USIMカード」です。オンラインストアでの購入組は、自分でSIMカードを抜き差ししなければならず、通常は「一手間掛かる」という感想を持つのでしょうけれども、自分にとってはこれが嬉しい。なぜならば、店舗ではSIMを刺して動作確認するために箱が開けられてしまうのですが、開封することに意義を感じる私としては、店員さんに無造作に開けられることほど悔しいことはないんですね。

という訳で、まだ開封されていない純潔なiPhone 5の姿がこちら。第一印象は、ひらたい。

そして、なんだかティッシュペーパーの箱みたいだ、と思いましたよ。

ビニール膜を破いて、脱がせます。

光を反射してしまうビニール膜がなくなると、いつものように「箱」の撮影タイム。今回も、「iPhone 5」のロゴが目映いですね!

もちろん、林檎マークも負けてはいません。

と、いうことで、上蓋を垂直に持ち上げながら、いよいよご開帳です!

後編に続く。

%d bloggers like this: