jump to navigation

妻から届いた「iPhone○○○○」なメール(後編) October 4, 2011

Posted by marr0528 in diary, iphone, nokia.
Tags: , , ,
7 comments

予想外に早くKindleが到着してしまいましたので遅くなりましたが、今回は妻から届いた文字化けメールの解読編です。

妻からのこのメールについて、Twitterでは「iphoneサイコー」から、アップルのイベントを控えてタイムリーに「iPhone5買って」まで、いろんな予想が飛び交いました。

僕のイチ押しはもちろん「iPhoneこわれた」。この天啓のおかげで、いよいよ明日発表されるであろう新しいiPhoneを、僕は「しぶしぶ」買いに行くことになるのを頭の中でイメージしていたわけです。

しかしながら、どうやら世の中そんなに都合よくいかないようですね…。答えはこちらです、どうぞ。

嗚呼、なんてぬか喜びだったのでしょう。答えは「iphone忘れた〜」でした(涙)。

そうでしたか、iPhone 3GSを家に忘れてきたんですね、妻よ…。あなたには特に意図はなくても、僕にとってはブログの記事2回分の事件になったのですからね…。

さて、気を取り直してちょっと別件です。

ちなみに、この文字化けして「iPhone○○○○」になっているメールを、Nokia 6700 Classicの携帯電話上でこうやって日本語表示させるには、実は涙ぐましい努力があるのです。文字化けしたメールを開いてから、なんと30ストローク分ものキー操作を行なわなければなりません!!つまり、前編の記事の写真の画面からここに至るまで、親指が30回動くのです。いやはや、酷い話ですよね(笑)。

ということで、知りたい人は知りたいはずのNokiaのOS「Symbian S40」のシステム上で、日本語の表示と入力を実現するための方法は、改めて記事にしていきたいと思っています。気になっている(ごく少数の)方は、どうかお待ちください。

それにしても、この写真を見てください。このNokia 6700 Classic Gold Editionを使いはじめて4ヶ月ほど経ちますが、相変わらずしっかりと所有欲を満たしてくれています。

どんなに電波の掴みが悪過ぎても、通話品質が酷くても、MMSやSMSの同報メールも受け取れなくても、日本語表示や入力が極度に面倒くさくても、この小さな輝きを手にしているだけで今のところは満足な今日この頃なのでした。

生活の中のNokia 6700 Classicを見て欲しい! July 4, 2011

Posted by marr0528 in nokia.
Tags: , , , ,
3 comments

データ通信専用端末としてドコモのSIMでiPhone 4を運用しはじめたのに伴って、海外から取り寄せた黄金の携帯電話Nokia 6700 Classicを音声専用端末として使いはじめて半月余りが立ちました。

人とは違った生き方をするのは結構大変で、このNokia 6700 Classic Gold Editionの日本での運用は相当疲れる部分が多いのですが、そんな負のパートは横っちょに置いておいて、今日は日々の生活の中のNokia 6700 Classic Gold Editionを是非見て頂きたいのです。

今回ご紹介していく写真はiPhoneユーザーにはお馴染の写真共有サービスであるInstagramから持ってきています。エフェクトを掛けているのでちょっとした誇張はありますが、重要なのは雰囲気ですよ。(ちなみにInstagramの写真は、Posterousを使った僕のもう一つのブログ「L’art du blog de Marr」でいつでもご覧頂けますよ!)

さて、では早速見ていきましょうか。

まずはこれから行きましょう。午前中のスターバックスでの一枚。うわー、見事な色合いですね。

自宅でくつろぐ午後に、iPadとNokia 6700 Classic Gold Edition。いい組み合わせです!!

こうやって、手のひらにすっぽりと入るのがNokiaのいいところ。残念ながらiPhoneはもちろん、日本の携帯電話でこの小ささはなかなかお目にかかれません。

こんな風に、重厚なビールのグラスのとなりに置いていても、絵になりますねぇ。

ワインを楽しんだ後のグラスに寄り添わせると、写真が引き締まります(?)。

Nokiaの携帯電話の美しさを語る時には、人それぞれにいろいろな側面をあげるのでしょうけれども、僕にとっての真骨頂はこれ!暗闇でNokiaから放たれる輝きに優るものはありません!(MacBook Airのキーボードは同着1位です。)

ちなみに、Nokia 6700 Classic Gold Editionで日本語をどうにか読める/打てるようにしている様子です。ここら辺の涙ぐましい事情は、また改めて。

さて、生活の中のNokia 6700 Classic Gold Editionをお楽しみ頂けましたでしょうか。iPhone 4は確かに素晴らしく、これ以上はない携帯電話なのですが、不便を承知で敢えてこんな世界に飛び込むのも面白いものですよ。

と、無責任な発言とともに、今日のところはここまでです!

最も美しい携帯電話Nokia 6700 Classicゴールド、開封の儀(後編) May 29, 2011

Posted by marr0528 in nokia.
Tags: , , ,
8 comments

ちょっと間が開きましたが、Nokia 6700 Classic Gold Edition開封の儀の中編の続きです。さぁ、やっとお披露目、ここからが本番ですよ。

まずは、ビニールから出した直後の保護シート付きの姿です。ま、まばゆいですね…!!

指紋をつけないようにそっとつまんで、裏返してみます。筐体の大きさの割りには、いい具合にずっしり重たい!!この質感は、三重丸です!!

バッテリー交換のインストラクションがされていますね。そういえば、iPhoneを使うようになってから、こういうものは全く意識しなくなりました。

さあ、保護シートは取り払ってしまいましょう。

うわぁ…!ぬるっと丸みを帯びた筐体は、非常に官能的ですね。金の延べ棒のようにも見えます。そして、NOKIAのロゴがさりげなく自己主張していますね。

もう一度裏返して、今度は表側からも保護シートをはがします。

筐体に光の当たる様子は、本当に美しいです。表側のキーパット部分はつや消しになっています。

さて、電源を入れてみようではないですか。ノキアの携帯電話は、アップルのMacBookシリーズと同様にキーボードバックライトが非常に印象的なのですが、Nokia 6700 Classic Gold Editionではどうでしょうか。

右側の赤いボタンを長押しして、スイッチオンです!

お馴染の「チャラランランランラン」という起動音、そしてConnecting Peopleのロゴ!!

そして、美しく内側から光るキーボードバックライトは、ぜひ、じっくりとご覧下さいませ。外側からも内側からも輝く携帯電話なんて、初めてですよ…。

ということで、今回の開封の儀は以上です。

それにしても、これは、一言では表現できない携帯電話ですね。実は、このNokia 6700 Classic Gold Editionに搭載されているOSはSymbianのSeries 40という非常に基本的な(というか古い簡素な)タイプで、アプリを追加したり、容易にシステムをハッキングしたりはできません(かつて日本で発売されていた6630やN73などはS60というOSで、いろいろなカスタマイズが可能でした)。このように簡素な作りの内部に対して、外見はノキアデザインの粋を集めた感があります。

時代の趨勢から言えば、ノキアの隆盛は既に過ぎ去り、もう戻ってくることは困難でしょう。ですからなおさら、このNokia 6700 Classic Gold Editionは買って良かった、と改めて思うのです。

そんな、哀愁も感じさせるNokia 6700 Classic Gold Editionについて、これからも追々レポートしていきます!

%d bloggers like this: