jump to navigation

祝!日本発売開始なNike+ FuelBandの魅力を語る。 November 5, 2013

Posted by marr0528 in Uncategorized.
Tags: ,
3 comments

祝!日本発売開始なNike+ FuelBandの魅力を語る。

2012年2月にアメリカで発売されてから1年半以上待たされましたが、いよいよ日本でも新機種Nike+ FuelBand SEが11月6日より発売となります!パチパチパチパチ!!

このリストバンド型の運動量トラッカーは、間違いなく現時点で発売されているどの商品よりも”買い”です。しかしながら、なんとも魅力が伝わりにくいこの商品、原宿駅のポスターに「キミを動かすもの。」と書いてありますが、多くの人にはさっぱり訴求してないと思います。

何が楽しくてこのデバイスを買うのか、これはそもそも何なのか?FuelBandユーザーをを代表して、はい、よくあるご質問にお答えしましょう。

質問:これはなに?
答え:ナイキプラスフューエルバンド(略してフューエルバンド)です。

質問:なにができるの?
答え:1.身体の動きを一日中測定し、2.自分で決めたゴールの値に対して、どれだけ動けているかを把握するが出来、3.iPhoneやウェブ上でこれまでの動きの記録を見ることが出来ます。

質問:つまり、万歩計ってこと?
答え:歩数も計れますが、もっと高度な端末です。加速度センサーのおかげで、もっと精緻な動きを感知でき、表示される値はナイキフューエルというナイキ独自の値です。

補足:ネーミングが混乱を招くもとになっているのですが、私の理解で整理すると、
・Nike+はデジタルサービスのブランド名(他にはNike+ Runningなどあり)
・Nike+ FuelBandは製品名、そしてアプリ名
・NikeFuelはナイキ独自の単位

質問:他に出来ることはあるの?
答え:時計になります(がスマートウォッチかと聞かれると、たぶん違う)。

質問:勝手に光り出したりするの?(客先で突然光り出すと困る)
答え:ボタンを押さないと光りません。

質問:で、なぜこれを買うの?
答え:身体を動かすモチベーションになるからです。例えば、「明日は2,500NikeFuel分、身体を動かす」と決めておくとします。会社の帰りにFuelBandを見たら、残り200です。そこで、「今日は一駅分歩いて帰ろう」と思う訳です。

質問:そんな面倒なこと、ふつう毎日はしないよね。
答え:はい、私は面倒なので毎日そうはいきません。でも、自分を律したい時に、客観的な情報をもたらしてくれるのは事実です。

質問:あんまり自分には必要なさそうです。
答え:たぶん、私にも必要はないと思います。ただ、ボタンを押したら光り出すリストバンドがどうしようもなく格好良く、それを着けて付けている自分に満足しているだけです。

質問:24時間365日付けてないとダメ?
答え:私は寝る時は外しています(SEは記録できる?)。また、充電する(USB接続、4〜5日置きに)時も外します。なお、「こんなの面倒くさい」と思うことは多々あります。でも、結果的には、着け続けることに意味があると思っています(記録ですから)。

質問:他のヘルスケア用ウェラブル端末と比べると、どうか?
答え:Jawbone UpMisfit Shineを試しましたが、現状ではこのFuelBandが最高です。「ボタンを押すと数字が表示され、目標に対しての到達度がライトの色と数で分かる」というシンプルなギミックが、なぜかモチベーションをあげてくれるのです。なお、これら2つや私の購入していないその他多くの端末は“所有して満足、身に着けて満足”というレベルに達していません。それぞれの使用をやめた理由ですが、Jawbone Upは、1.起床アラーム代わりを期待していましたが納得できないタイミングでバイブが振動する、2.iPhoneと同期しないと現状の値が分からない、Misfit Shineは、1.付属のバンドがほどなくちぎれた、2.端末で現状の値を見るのにライトの点灯だけというのがなんとも地味、そしていずれの製品も、身体を動かそうと言う気持ちがまるでモチベートされない。

質問:水泳で使えますか?
答え:防水仕様とありますが、ナイキは勧めていません。(私は、Waterfiで購入した為、水泳で使っています。)

ということで、私が言いたいのは、
・ヘルスケア系デジタルデバイスを買うなら、Nike+ FuelBandがイチ押しでオススメ
・ちょっとでも格好良いと思ったら、あまり悩まずに買ってみるのが吉(着けないと良さが分からない)
・途中で「こんなのいらない、めんどくさい」と思っても(私は何度も思った)、未来の為に付け続けるのが吉(記録ですから)
です。

大人な縄跳び、はじめてみました。 June 6, 2012

Posted by marr0528 in sport.
Tags: , ,
add a comment

Nike+ FuelBandを購入してから一ヶ月、すっかり「身体を動かす」ことが習慣化しています。Nike+ FuelBandを使っている感想は、一言で表せば「かなりいい!」。Nikeもどうやら本気でNikeFuelという運動量をあらわす単位を自らのブランド(Nike+)全体に拡げていこうとしているようです(ジョギングトレーニングバスケットボール)ので、特にiPhoneユーザーの皆さんは、どうぞ乗り遅れないように!

さて、そんな中で(?)ふと思い立って購入してしまったのが、縄跳び用のとびなわです。ほぼ、衝動買い。

きっかけはもちろんNike+ FuelBandです。毎日の「3,000 NikeFuel」という目標値を達成することを小目的として、これまでより「少しだけ多く身体を動かす」ことが習慣となっているのですが、そんな僕の頭の中で、とびなわ購入(を正当化するため)の理由として挙げられたのは以下の通り。(すべて、「少しだけ多く身体を動かすために」という前置きがつきます。)

  • 一駅分ウォーキングするのは、ちょっと飽きてきた(10分で300 NikeFuel)
  • ジョギングをするのは、一連の準備運動・ラン・整理運動・シャワーと、時間がかかるので気が進まない(全て含めて60分で1500 NikeFuel)
  • というわけで、もう一つ軽い運動の選択肢が欲しい。しかも、一人で黙々と出来る系の運動

そんな訳で、こうやってブログを書きながら自分の中でもまだ「なんで買ったんだろ?」とハテナが消えないのですが、衝動買いだから仕方ないですね。

さてさて、たぶん20年ぶりくらいに手に取りました、とびなわです。

Nikeのとびなわ(Speed Rope)は格好良いですね。田舎の小学校の隣の文房具屋で売っていた100円くらいのカラフルなプラスチック製のものとは趣が違います。

こうやってみると、ものすごく光り輝いていてキレイですね。

本日、Googleで調べながら、縄跳びしてみたのですが、ポイントは「準備運動はしっかり」「初心者は10分が限度」「1分やって2分休むの繰り返し」ということのようでした。そこで、初日は60回(約1分らしい)×5セットを実施。

夜中にヒュンヒュンと音が鳴るのが近所迷惑っぽくてドキドキしながらだったのですが、20年ぶりのわりには結構飛べました(最後は、体制が崩れてきて「ああ、年取ったな」と思いました)。気になるNikeFuelは180。まあ、そんなもんでしょうか。

Nike+ FuelBandをはじめてみた。 May 13, 2012

Posted by marr0528 in FuelBand, sport.
Tags: ,
add a comment

Nikeの”Life is a sport. Make it count.”という言葉が気になって仕方がなくなり、アメリカから取り寄せてみましたNike+ FuelBand!!

Nike+ FuelBandって何?という質問に答えるために、Nikeは幾つかの動画を用意しています。Nikeは動画を非常に上手く作っていて、「なんだか分からないけど、FuelBandを身に着けてみたい!」という気持ちにさせてくれます。

実際私はそうでした。この記事をこれから読む、皆さんはどうでしょうか??

まずは、こちらから。

いろいろな映画のシーンからのマッシュアップで、映像を見ているだけでも面白いのですが、なんというか、「身体、動かしてみたい!」と気持ちが高揚してきますよね?(逆に、FuelBandは何かは分かんないですよね…。)

お次はこちらです。

はい、これを見て分かるように、Nike+ FuelBandは文字通り(?)腕に付けるバンドです。バンドは加速度センサーを内蔵していて、身体を動かすごとに、NikeFuelという単位のポイントがたまっていきます(これは、歩数でもカロリーでもありません)。そう、これはポイントを計るための機器なんですね。

実際にFuelBandを身に着けたら、「自分で目標を決めて、それに向けて身体を動かす」だけ。それだけなんですけど、シンプルなものだからこそ、奥深いんです。この感覚は使ってみてからでないと私は分かりませんでしたが、FuelBandを身に着けた一日のイメージはこちらの動画をどうぞ。

ここまで見ると、この機器はどんな仕掛けになっているんだろう、と思うのではないかと思います。そこで見るのが、これ。

と、ここまで見て、僕は「これを買う」と決めてしまいました(笑)。

Nike+ FuelBandは日本では未発売。アメリカでの発売時には、15分間で売り切れたそうですが、今では在庫も潤沢にあり(そうで)、イギリスでもこの5月から発売が開始されています。

私の購入ルートはいつも通り、次の流れです。

はい。ちなみに、日本のAmazon.co.jpにも輸入品が出品されているようです(こちらこちらこちら)ので、こちらで買うという手もありますね(もちろん他にもいろいろな方法はあります)。

ということで、前置きが長くなりました(?)が届いたのは、こちら!

そして中身は、こちら!!

Macに繋いで簡単な設定をして、文字通り「GO!」です。

ちなみに、Nike+ iPodと共に走ってきた後の姿はこちら。なかなか素敵ですね。

さて、このNike+ FuelBandは前述の通り、なかなか奥が深いのですが、そんな話はまた改めて書きたいと思います。(他にも、Jawbone Upとの違いとかも…、ですね。)

%d bloggers like this: