jump to navigation

西水美恵子さんの講演から考える、本物のリーダーシップ。 June 2, 2013

Posted by marr0528 in leadership.
add a comment

私にとっての「英雄」だったスティーブ・ジョブズの亡きあと、私の中で非常に関心が高まっている「今を生きる」人がいます。元世界銀行副総裁の西水美恵子さんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は東京大学で、「いい会社をふやしましょう」というシンプルだけど奥の深そうな名前のNPO法人が主催するシンポジウムに参加してきました。理由は、その西水美恵子さんがひさしぶりに帰国して基調講演をされるからです。

ご自身の世界銀行での組織変革の事例を、西水さんが「私のメンター」だと仰るブータン雷龍王4世の言葉を交えながら、ゆっくりと静かに私たちに語りかける基調講演は、とても感動的でした。

「いつの世も、不幸な民が国家を不安定にする。だからブータンの目指すのは国民総幸福なのだ。」「そのための手段のひとつが経済発展。そして幸せへの鍵は、物質と情緒のバランスだ。」「目的と手段を混同してはいけない。」

世界史が教えてくれるのは、”世のため人のため”は民間から生まれるということ。様々な日本企業の経営理念は、ブータンの目指すところを同じではないか。企業が価値を発揮することが、国家の安定に繋がるのだ。

こんなメッセージを下支えするお話の中に、「本物のリーダーシップ」につながる内容が詰まっています。西水さんの著書に書かれているエピソードも多かったのですが、基調講演後のパネルディスカッション(めちゃくちゃ面白かった)での内容も含めて、特に印象に残っている部分をメモ書きレベルですが共有します。

  • 国境を中国とインドに囲まれ「虎と象の間の蚊」と自分を表現するブータンのどうしようもない危機感(切迫感)。この現実を真正面から受け止めて、その危機感に対してどんな小さなことでも見逃さなかったのが、雷龍王4世。
  • 17歳で即位をした後、九州ほどの広さの国土(しかし平坦ではなく高低差が激しい)を「一人でも多くの国民の心をききたい」と言って自分の足で歩いてまわり、国民は例外なく胸を開いて話を聞いた。本気でぶれないリーダーの言動が、国民の信頼感につながる。
  • 西水さんは、この貧しき農民の声を聞く雷龍王4世の行幸をヒントに、官僚体質はびこる世界銀行で新たな研修プログラムVIP (Village Immersion Program)を作った。貧困解消を目的とする世界銀行のメンバーが、お客様である草の根の貧しき人々の村で生活をして理解するためのプログラム。部下には、露骨に嫌がる人もいた(そんな人には、辞めてもらって結構、と言った)。
  • プログラムに参加したメンバーは、西水さんの考えを分かってくれた。「”This is not a life. This is just keeping body alive”だ。」貧しい人々の暮らしは、毎日毎日同じことの繰り返し。自分が動かなければ死神が動く。自分のための時間は全くない。
  • VIPに参加したメンバーは自発的に、自分の体験を周囲に飛び火させた。この体験を共有しないと、自分たちのビジョンは共有できない。本物に触れることの大切さ。
  • 組織変革を進める中で、職員だけでなく家族の幸せも必ず考えるようになった。出張中の子供のことで悩む女性職員に西水さんは「じゃあ、子供と一緒に出張してみたら。経費は副総裁の予算から出します。」と答える。忘れた頃に提出された「出張先で働くお母さん姿を見て、誇らしく感じた」という”小学生の出張報告書”を読み、これによって職員が子供の悩みから解放されたことを知って、「職員が本当に望むものに組織のビジョンが繋がっているのか」と考えるようになった。組織に関わる全ての人、そしてその家族の幸せが大切なのだ。
  • ブータンの話、当たり前のことを言ってるだけなのに、みんな喜んでくれる。とても不思議。
  • 本当のリーダーシップは、自分が組織からいなくなっても大丈夫な状態を作ること。

今日は「頭とハートを繋げる」という言葉が、特に心に残りました。そして、いったい自分は「いつ繋がったんだろう」と考えました。いや、今の私は、周りの人から見れば「かなり繋がっている」ように見えるはずなのですが、実は自分の中では「どうも少しずれている。しっくり繋がっていない。」ということに気づいてしまった気がします。

ジョブズは「毎朝鏡を見て、自分に問いかけるんだ。今やってることが、自分が本当にやりたいことなのか。」と言いました。西水さんは「自分でやりたいことを、本気でやろうとしているのか。自分に向き合いなさい。鏡に向かって、自分の目の奥を真っ直ぐに見るんだ。」と言います。

西水さんはなんだか凄い人過ぎて、手の届かなそうな遠い世界の人に感じるのですが(でも、Facebookで気軽に関西弁でコメントしてくださったりするのですが!)、シンポジウムのパネリストだった鎌倉投信の新井さん、テラ・ルネッサンスの鬼丸さん、HASUNAの白木さんが、私と同世代で活躍されているのに接してみて、「じゃあ、私はいったいどうするの?」と問い直す必要性を感じた、というのが今日の私の結論です。

とりあえず、(これまでの記事とまったく毛色が異なるのですが)ブログに書くことから始めてみました。あとは、毎日鏡に向き合うことにします。


新調!「旧世代のiPod shuffle」光沢ステンレススチール製。 May 30, 2013

Posted by marr0528 in ipod, Uncategorized.
Tags:
add a comment

2009年に発売された「美しくて、小さすぎる」第3世代iPod shuffleを中古で購入したのが2011年のこと(現行モデルは第4世代(2010年発売))。購入直後にアップルストアで無償交換して頂いた後は、「私のお気に入り」として肌身離さず使用していましたが、再生時間がフル充電後30分と極端に短くなりまして、この度、再度アップルストアに持ち込み、有償交換をして参りました。

ということで、披露させて頂きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このステンレススチール製の筐体は、非常に傷つきやすいのですが、この度「新調」したことにより、当然ながら無傷・手垢なしの状態に。このiPod shuffleの“眩さ”に、久々に「惚れ惚れと」してしまいました。重い腰を上げ、長らく放置しているブログをいま更新している、という次第です。

まぁ、もういちど見てください。磨き抜かれ、まるで鏡のようなに見えるこの筐体を。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イアホンを刺す上部は、なんともメカニックな面持ち。初代iPod shuffleからのアイコニック・カラーである緑色は印象的ですね。とにかく“ギュッと”引き締まっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私が一番好きなのは、この角度からのショット。林檎マークが描かれたこのクリップ部分、なんて精巧な作りなのでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、残念ながら、私のカメラでは上手に撮影できませんが、筐体に刻印された微細な文字は、数多くのアップル製品の中でも白眉です。OFF・リピート・シャッフルのマークや、クリップ裏に隠れているシリアルナンバーとお約束の「Designed by Apple in California」の文字は、本当に目立たないのですが、実は見どころなのです。機会があれば、ぜひ目を凝らしてみてください。

そういえば、進化し続けることが常のアップル製品の中にあって「デザインが旧世代に戻された」のは、iPod shuffleだけ(第4世代が第2世代に先祖帰りしたケースだけ)。理由は「やはり、もう少し大きなボタンがないと」というマーケティング視点のものだったように記憶しています。ということは、アイブもジョブズも、本当はこの(先鋭的過ぎた)デザインが好きだったのではないか、と推測する訳です。

進化することで利便性のあがるiPhoneやiPad, MacBook Airは数年ごとに買い替えるのが自然と習いになるのですが、「音楽を聴くこと」に特化されていて「所有欲を満たすデザイン」を極めに極めていると言えるこのiPod shuffle光沢ステンレススチールモデル、今後もアップルストアで保証してくれ続ける限り、ジョブズの遺品だと信じて大切に使い続けたいと思います!(ちなみに有償交換は5,800円でした。)

 

それにしても、「なんでこの人は、古いiPod shuffleに拘ってんだろう」と気になる方、こちらの記事をどうぞー。

[東京マラソン2013]応援、お願いします!! February 23, 2013

Posted by marr0528 in sport, tokyo marathon.
Tags:
add a comment

何と2年連続で出場することになった東京マラソン!そんなラッキーな私への応援を宜しくお願いいたします!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フルマラソンを完走してみて分かったことは、どんなに小さな応援であっても、それがランナーの力になる、ということ。沿道からの声援はもちろん、TwitterやFacebook、メールでの応援が物凄く嬉しく感じるのです。ということで、皆さんの力を私に下さい。宜しくお願い致します。

では、どうやって応援したらいいのか、ということですが、当日は以下の4つの形で情報発信をしていますので、それを参考にしてください。

 

1.「5kmごとに現在地を発信」東京マラソン公式のランナーアップデート

東京マラソンの提供するサービスとして「ナンバーカード番号や姓名を入力して検索することで5キロごとの通過タイムを調べることができる」という便利な仕組みがあります。僕のナンバーは「46803」です。 これで、おおよそどこにいるのか掴んで頂けます。

 

2.「リアルタイムで現在地を共有」iOSの「Find My Friends(友達を探す)」アプリ

私のお気に入りのアップル製アプリですが、これで”一時的に”私のiPhoneの位置情報をリアルタイムに見て頂けるようにしました。これで、かなり正確に「今どこにいるか」を掴んで頂けます。手順は以下の通りですが、ちょっと設定に関しては注意してください。

  • アプリについて理解する:http://www.apple.com/jp/icloud/features/find-my-friends.html
  • アプリをインストールする
  • 私から「一時的」に位置情報を共有出来るように招待を受ける:私のApple IDである「masahiro0528(アット)mac.com」メールを下さい(名前もちゃんと書いてください)、こちらから追加させて頂きます
  • ご自身の位置情報の共有を停止する:「フォロワーから隠す」というボタンがあるので「オン」にしてください。
  • 沿道で応援する場合は、差し支えない範囲で一時的に「オン」にしてください。こちらから探す時に助けになります。
  • 当日16時に、自動的に位置情報の共有は停止されます

 

3.「iPhoneから生のつぶやきをお届け」Twitterのつぶやき

昨年の反省としては、事前に何故か「1kmごとに呟きます」と宣言してしまったため、”まめに”iPhoneを取り出して、Twitterに頑張ってて入力をしながら走っていたのですが、正直なところ「かなり辛かった」です。今年は、”たまに”iPhoneを取り出して、Siriを通じて声で入力する程度にしておきたいと思います。

昨年はかなり辛かったと書きましたが、一方で不特定多数の方からのTwitterを通じた応援からは、大変元気づけられました。走り終わってからの返信しか出来ないと思いますが、是非とも声をかけて頂けると嬉しい限りです。

 

4.「Nike+ GPSでマラソンの開始と終了を宣言」Facebookのアップデート

当日のFacebookは3つのアップデートに限定する予定です。「今日はTwitterでつぶやいてます」という宣言、「Nike+ GPSによるマラソン開始のお知らせ(自動)」、「Nike+ GPSによるマラソン終了のお知らせ(自動・走った記録つき)」です。

私のFacebookのTimelineには、9時30分頃に(おそらく)こんなポストが出てきますので、ぜひ「いいね」を押して応援ください(写真は2011年のハーフマラソン時のもの)。

また、フィニッシュ時には、コースとタイムが投稿されます。こちらもお楽しみに。

 

さて、最後に予定の通過タイムを公開しておきます。もし、沿道に立つ方がいらっしゃいましたら、Twitterで様子を見つつ参考にして下さい。

Start: 9:30(東京都庁)
5km: 10:00(飯田橋セントラルプラザ)
10km: 10:35(内幸町交差点)
15km: 11:10(品川折返し)
20km: 11:45(内幸町交差点)
25km: 12:25(久松町交差点)
30km: 13:10(浅草橋交差点)
35km: 13:55(万年橋西交差点)
38km: 14:15(豊洲駅前)
Goal: 14:30(有明ビッグサイト)
コースマップはこちらからご確認下さい:http://www.tokyo42195.org/2013/map

 

なお、沿道にいらっしゃる方は、私が眼鏡をかけていないことに注意してください(コンタクトを着けて走ります)。また、Nike+ FuelBandのポイントがいくつになるかも、ちょっと愉しみにしていてくださいね。

ということで、いよいよはじまる東京マラソン2013!楽しんできます!!

%d bloggers like this: