jump to navigation

第6世代のiPod nanoでジョギングする幸せ。 January 9, 2012

Posted by marr0528 in ipod, sport.
Tags: , ,
trackback

実は東京マラソンに抽選で当たり、2月26日に人生初のフルマラソンに挑戦することになっています。

ということで、これまでずっとなんちゃってランナーだった自分を鍛え直す必要に迫られています。これまで、もちろんお伴はiPhone 4とNike+ GPSアプリだったのですが、今日から事情が変わりました。きっかけは、これです。

すでに多くの報告がインターネット上で紹介されているように、初代iPod nanoを交換プログラムに出すと、最新型の第6世代に交換されて(しまって)帰ってくるのです。初代の美しい筐体は大好きだったのですが、これは仕方のないこと。11月18日に修理を申込み、12月6日に交換に出し、1月8日に出荷されて届いたのが、本日なのでありました。

届いたのは、シルバーのiPod nano。ナノと名乗りつつ手もとの第3世代iPod shuffleと比べて大振りな姿が、なかなか気にくえません。まぁ、このステンレススチール製iPod shuffleの質感は良過ぎるので、さしずめ相手が悪かった、ということなのでしょうけれどもね。

さてさて、それはともかく突如として現れたこの新型iPod nano。ブログ読者へのプレゼントにしようかとも考えたのですが…、結論としてランニングのお伴にすることになりました。理由は、この記事を書いた通りです。

そう。ここで話がやっと冒頭に戻る訳です。Nike+でジョギングするのに最適なアイテムなのが、この第6世代iPod nanoなのですね!!同じiPod nanoでも第5世代(ビデオ機能がついてたもの)までまったく違うのは、センサーキットを筐体にも靴にも装着しなくてよいこと!(実は、ウェブ上では情報が錯綜していて、筐体側のセンサーは必要だとか、靴の側には必要だとか、書き込みがあったり、写真がアップされていたしたため、が、通常の使用であればいずれも不要です。)つまり、iPod nanoだけあれば、誰でもNike+の機能を楽しむことができるんですね。

さて、そんな訳ですが、これまで主役を張ってきたiPhone 4とNike+ GPSと使い勝手のポイントを比べてみましょう。

第6世代iPod nano ⇔ iPhoneとNike+ GPS

  • 筐体が軽い ⇔ 重い(軽い方がiPod nanoの方がいい!)
  • 筐体が小さい ⇔ 大きい(小さいiPod nanoの方がいい!)
  • VoiceOver機能がある ⇔ ない(小さいiPod nanoの方がいい!)
  • ボイスフィードバックの情報量が少ない ⇔ 情報量が多い(多いiPhoneの方がいい!)
  • GPS機能で走行履歴を地図で確認できない ⇔ 確認できる(できるiPhoneの方がいい!)
  • GPS機能で走行距離をほぼ正確に把握することができない ⇔ 把握できる(できるiPhoneの方がいい!)
  • 通信機能がなくSNSに繋がっていない ⇔ 繋がっている(繋がっているiPhoneの方がいい!)

気になるところだけまとめてみたのですが、こうやってみると、断トツでiPhoneとNike+ GPSの方が長所が多いんですよね。しかしながら、ジョギングはストイックなスポーツです。ということで、小ささと軽さだけが正義なのです。天秤にかけてみて一番困ったのが、GPSの機能にまつわる部分でしたが、マラソン大会などを除いた普段使いではiPod nanoにしようという結論にしました。

さて、そういう事情でこれからジョギング専用機として使用することになったiPod nanoをじっくり見てみましょうか。

Fitness以外のアイコンは全て非表示にしました(右隣に覗いているのは設定のアイコン)。ストイックでしょう。

音楽を再生している時にカバーアートを表示してみました。この凝縮された感じは、ちょっと素敵ですね。

裏返してみると、クリップ部分にお馴染のアップルマーク。

このブログではお馴染の立ち姿。ディスプレイの発光具合がなんだか格好良いですね。少しずつ好きになってきましたよ。

最後に、iPhone 4とiPod shuffleと共に並べてみました。おお、なんだか嬉しい感じ。

さて、最後に使用感を少しだけ書いておきます。今日は実際に、このiPod nanoが届いた二時間後には、ウインドブレーカーにクリッピングして走りに出掛けていましたが、身に付けていたiPhoneの重さが無くなったことによるこの軽快感は、かなり素敵です!

走行距離が実際と少し違っているのは、いつも同じコースで走り始める為にボイスフィードバックのタイミングでわかったのですが、個人的には許容範囲でした。でも、マラソン大会等ではこのギャップが気になってしまうはずなので、使えないな、と同時に思いました。1kmごとのボイスフィードバックの情報量が少ない(iPhoneアプリにあった「時速何キロだよ」が無い)のが残念でしたが、右上のパワーオン/オフボタンを押すことで、フィードバックを同質の得られることが分かり、これは問題ない、と思いました。走行中に、iPhoneではメールやTwitterやFacebookが気になることが多く、また途中で写真を撮りたくなることも多々あったのですが、手もとにiPhoneが無ければ当然気になりません。よりストイックに走ることができます。でも、走り終わった後にNike+にデータをアップロードする為にiTunesに繋げなければならないのは、ちょっと面倒。まぁ、これは仕方ありません、と言う感じ。

という訳で、ジョギング専用機のiPod nanoは、普段のカジュアルランなら十分に使い物になる感じです。思いがけず手もとに飛び込んできた第6世代のiPod nanoをフルに活用して、一ヶ月半後に迫る東京マラソンに、なんとか備えようと思います!!

これまでのNike+の話はこちらから。


Comments»

1. @T5ARO - January 10, 2012

Marrさんこんにちは。毎朝1時間続けるウォーキングにiPod shuffleを使い始めて2日目、時計がなかったりNike+を導入したくなったりしている矢先にMarrさんのこの記事です。あの日のMBPから今日までMarrさんの記事は僕の物欲を刺激し続けるばかり、参ったものです。今後とも楽しみにしています。

marr0528 - January 22, 2012

T5AROさん

お返事遅くなりました。毎朝一時間のウォーキングなんて、スゴイですね。
タイミングが合うことって、重要ですよね(笑)。また、次のタイミングを楽しみにしましょう〜!


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: