jump to navigation

Mac OS Xと共に、アップルの歴史を画像で振り返る。 July 18, 2011

Posted by marr0528 in mac, web service.
Tags: , , ,
add a comment

ダウンロード発売が正に目前に迫っているOS X Lion。これを機に、Mac OS Xの歴史をいつものようにInternet Archive Wayback Machineから拝借した写真とともに紐解いてみましょう。

まずは、2000年9月13日のMac OS X Public Beta。

そして、この頃のMac製品群はこんな感じでした。Mac Cube G4が、抜群に美しい。

コードネームCheetahの10.0が発売されたのは、2001年3月24日のこと。今から見ても、「The future is here.」とは文字通りだと思います。

その頃の発売されていたのが、花柄のiMac。後にも先にも、こんなチャレンジはないでしょうねぇ…。

コードネームPumaの10.1は間を空けずに2001年9月25日に発売。Cheetahからのアップグレードは無料。「ポイントとクリック以来最大のブレークスルー」はちょっと言い過ぎ?

そして、その頃のapple.comのトップページにはこんな表示が。9.11の直後ですからね。

コードネームJaguarの10.2は翌2002年8月24日。「Wildly」のメッセージが強烈ですね。

その頃といえば、iPodが登場しています。これまた懐かしい。

コードネームPantherの10.3は2003年10月24日の発売。真っ黒な箱に堅牢な感じの「X」の文字。「種の進化」のキャッチコピー。そして、僕のMacとの出会いもここからです。

この頃のiMacは、相変わらず唯一無二のデザインで手を触れてみたくなる魅力を放っていました。

コードネームTigerの10.4は2005年4月29日に発売。システム全体の検索機能Spotlightの組み込みが、Macの使い勝手を飛躍的に向上させてくれました。個人的には、発売日夕方のアップルストア銀座の行列の盛り上がりが印象的。

この頃は、iPodファミリーがこの世の春を迎えています。カラフルなiPod miniは明るく女性的な雰囲気で、みんなが欲しがった名作です。

コードネームLeopardの10.5は、iPhoneの開発のためにで発売が延期されて2007年10月26日。ここから、Mac OS Xのイメージは宇宙に飛び出しています。

その頃のiPhoneはまだまだ幼くて、アップデートの内容はこんな感じ。iPhoneも一歩一歩、進んできたんだなぁ、と改めて感じました。

そして、現時点で最新のMac OS XはコードネームSnow Leopard、バージョンは10.6。発売は2008年8月28日でした。正しく「Finely tuned.」されたOSでした。

2008年はMacBook Airの年。薄過ぎて、空中に浮いています。

正しく、企業と製品に歴史ありですね。これから、どんな歴史が刻まれていくのか、楽しみでなりません。

関連するこれまでの記事はこちら。

愛あるが故に、iPhoneを遠ざける。 July 18, 2011

Posted by marr0528 in iphone, ipod, nokia.
Tags: , , ,
add a comment

手のひらにのる端末としては、ほぼ万能だと言えるiPhone 4。ガラスとステンレスのマリアージュが最高なデザインも黒白ともに僕にとっては完璧。これまでのアップルの製品の中でも断トツだと思っていて、たとえ次世代機が発売されたとしても、これは当分手放したくはない、と強く思っています。

しかしながら、この間ブログで報告しているのは、電話機能をNokiaに戻し、iPod機能をiPod shuffleに戻す、というものでした。iPhoneへの愛とは正反対のこれらの行動は一体どういうことなのか、自己分析ついでにご報告しておきたいと思います。

きっかけは、Nokia 6700 Classic Gold Editionの購入であったことは間違いありません。この経緯は、以下の記事で書きました。

携帯電話機能をNokiaに移したことで、常にポケットに入っていなければならないのは、iPhoneからNokiaに代わりました(雑踏の中にいても、電話の着信にはできる限り気付きたいですからね!)。

でも、音楽はいつだって聴いていたいですから、iPhoneもポケットに入らざるを得ません。そうすると、ただでさえ夏のポケットの少ない衣服に二つのガジェットが入る訳です。ピッタリとしたスーツに膨らんだ二つのポケット、これはビジネスパーソンとして頂けませんね!

という訳で、今回はiPhoneをポケットから遠ざけたい(鞄に入れてしまいたい)というのが直接的な理由でした。そんな時に「どうして第3世代(旧世代)のiPod shuffleを」というのはこちらの記事の通りです。

なるほどなるほど、そういうことなのですね。しかしながら、ここからが本題です。

実はそんなに浅い理由ではないのです。この「iPhoneを遠ざけたい」という気持ちには、もっと深遠な理由があるのです。

この気持ちを簡単に例えるとすれば、これは「禁じられた恋愛をしている気持ち」と表現しておきましょうか。

初代iPhoneをアメリカから取り寄せてから4年が過ぎて、僕はほぼ24時間をiPhoneと一緒に過ごしています。何かを思いつけばTweetし、何かを見つければ写真を撮ってシェア。もちろんメールや電話をします。また、世の中のほんの小さな出来事や誰からからの小さなレスポンスをも、直ぐに受け取りたいという気持ちでいます。こんな生活をしている自分が気に入っていますし、その中心にあるiPhoneの筐体そのものが愛くるしくて仕方ない。

程度の差はあれ、この数年間、こんな気持ちを抱くようになっている人は(特にこのブログを読む方の中には)多いのではないでしょうか。

でも、心のどこかには「この生活スタイルに没入してはいけない!デジタル化された世界から視点を外して、もっと目の前のあるがままの世界に身を置かなければいけない!」と思う自分がいます。

ええ、そういうことなのです。iPhoneへの愛が強くなればなるほど、バランスを取ろうとする自分がいる。だから、iPhoneは手のひらでも、ポケットでもない、鞄の中にしまってしまいたい、と無意識に思い、それを行動に移した訳なのです。お分かり頂けましたでしょうか。

iPhoneとの恋愛は危険過ぎであり、そこには背徳感があるのです。そんな魅力溢れる恋愛対象はいつでも手もとに置いておきたいのだけれども、それではいけない、遠ざけておきたい(普段は隠しておいて、たまに愛でたい?)と言うことなのです。

以上、そもそもバランスの悪い人の、バランスの取り方を紹介した記事でした…。

%d bloggers like this: