jump to navigation

Palm Pixi Plus開封の儀(前編) February 20, 2011

Posted by marr0528 in palm.
Tags: , , ,
trackback

「そもそもPalmってなに?」という方も多いと思いますが、これからしばらく続く一連の紹介記事で、「これは、なんだか良さそうだ!」と思って頂ければ幸いです。

はい、早速いきましょうか。2月初旬に衝動的にポチッとしてしまったPalm Pixi Plusが届きましたので、お約束の開封の儀です。(実は、金曜日の深夜にTwitter上では実況中継済み。)

いつもの通り、アメリカのAmazonで購入した後、個人輸入代行・転送サービスのグッピングを経由して届いたのが、こちら。

段ボールを開いてみると(ここを開く時は、通常あまり、ドキドキしません)、ちょっと予想外の展開が…。まず、出てきたのがこちら。

はい。これは何かと言うとPalm Touchstone Kit for Palm pixi(以下、Touchstone)という、webOS端末には必須のアクセサリーです。では、これを何に使うかについては、また別の機会に譲るのですが、問題は「既に一部が開封された状況になっている」こと。グッピングさんが箱詰めの際に開けたのでしょうか。それとも、発送元(Amazonのサードバーティー)がこういう状況で箱詰めしていたのでしょうか。

僕にとってはどちらでもいいことなのですが、「開封の儀」をする前に「開封されていた」のは想定外でした…。さて、話を戻しましょう。箱にはもう一つ品物が入っています。それがこちら。

こちらが、肝心のPalm Pixi Plus(Verison版、契約なし)(現時点で60ドルきっかりですね!)です。ちょっと変わった(方舟型とでも呼びましょうか)箱の形ですね。側面のシールとデザインには、ちょっと興醒め。

特徴的なのは、こちらの側面。今は無き「Palm」のロゴに郷愁を覚えます。

さて、まずはまわりを覆う半透明のケースを脱がせましょう。気持ちは、あまり盛り上がらないですね…。

ということで、気持ちが盛り上がらないまま、箱を開けかけて…、はたと手が止まります。半透明のケースが無くなった後の箱の姿は、真っ白でなんだか格好良いぞ!!

これは、アップルの端正な箱に負けていません。全く意味ありませんが、「私、脱いだらすごいのよ」タイプです。

さて、気持ちを入れ替えて、もう一度ゆっくりと開きましょう。少しずつ、オレンジ色の内装が見えてきました。

気持ちはしっかり盛り上がっています!さぁ、ご開帳!!後編に続きます!!!


Comments»

No comments yet — be the first.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: