jump to navigation

義父に捧げるiPad(スカイプ編・前編)。 February 17, 2011

Posted by marr0528 in ipad.
Tags: , ,
trackback

これは、「iPadが欲しい!」と言った妻のお父様(74歳)がiPadを手にし、使いこなせるようになるまでの、先の長い不定期連載です。この一連の記事が、「年配の方々にiPadを持ってもらいたい」と願う皆さんの助けになれば幸いです。

前回までの記事はこちら。

今回はスカイプ編です。(スカイプって何?と言う方は、公式ホームページをどうぞ。)

どうして、iPadを手にした初日から義父がSkypeをしなければならないかは、前回の記事を見て頂くことにしますが、これには正直参りました。何故かと言うと…、

  • そもそも、義父はPCもiPadも超初心者であること。
  • そして、SkypeのiPad版アプリはないこと。iPhoneアプリをiPadで使うことになります。
  • 想定できないことが、たくさん起きそうな予感がすること…。

などなどです。これは困ったのですが、「加藤ちゃん」との約束を果たさなければなりません。これは、「南無三!」ということで、Skypeアプリの導入に入ります。

  • まず、AppStoreからインストールします。
  • はじめてSkypeを立ち上げると、上の画像のようになりますが、ここで困ったことが。ええ、iPhoneアプリをiPadで立ち上げると、縦方向に画面が固定されてしまうのです。(一部例外があって、それは後日書きます…。)
  • 義父には「自分がiPadに合わせる必要はなくて、iPadが僕らに合わせてくれるんですよ」と、ジョナサン・アイブばりの説明を最初にしていたので、最初からこうなるとは、ちょっと想定外。はい、カチンと来てます。
  • アカウントを作成して、自分のプロフィールを作成します。ここで、またトラブルが。
  • キーボードに何故か日本語が出てこないんですね。これ、なんだろうと思っていたら、はい、分かりました。こちらで書いたように、日本語入力時のキーボードは「QWERTY」ではなく「50音」にしてあるのですが、iPhoneアプリで立ち上げていると当然「50音」は出てこないんですね。ということで、iPadの設定に戻って「QWERTY」を有効にします。
  • 名前を日本語で入れて、準備は完了。今度は「加藤ちゃん」のSkype名を入れて、こちらから連絡が出来る状態になりました。ふーっ。
  • Skype同士で連絡を取るのは、「コンタクト」から人を選ぶのですが、Skypeアプリの下のタブには「チャット」や「発信」が並んでいます。(初出記事では「通話」と書きましたが「発信」が正しいですね。)
  • こう見ると普通は「発信」を選びたくなりますよね。でも、違うんです。

ということで、準備が整いました。実際の「加藤ちゃん」とのSkypeでの会話は、次回「後編」までお預けです。


Comments»

No comments yet — be the first.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: