jump to navigation

DVD「のだめカンタービレ 千秋真一 コンプリート・エディション」が素敵なこと。 June 6, 2010

Posted by marr0528 in diary.
Tags: , ,
trackback

いやいや、実はこれをずっと待ち望んでいました。映画「のだめカンタービレ最終楽章前編」のDVD/ブルーレイ化と同時に発売になったDVD「のだめカンタービレ 千秋真一 コンプリート・エディション」。

若き天才指揮者である千秋真一くんこと俳優の玉木宏が、「のだめカンタービレ」のためにヨーロッパで収録した楽曲の映像を、このDVDではまとめています。通常のクラシックのDVDやブルーレイのように、千秋の指揮する楽団の演奏を聴く。これは、玉木宏ファンやのだめファンだけでなく、僕のようなライトなクラシックファンには十分に楽しめる内容でした。

映画やドラマと異なり、台詞や余計なシーンのカットインは一切なし。ドラマの頃から、のだめと言えばこの曲!なベートーベン交響曲第7番や、映画前編を盛り上げたチャイコフスキー序曲1812年など、普通のコンサートを聞くようにじっくりと堪能できます。しかも指揮者は端正な顔立ちの玉木宏。ちょっと痩せ過ぎな気もしますが、指揮する姿は十分様に(俺様に?)なってますね。これは、ちょっとクラシックが聴きたい、という人が集まった時とかに流しておくのにちょうどいい感じのDVDだと思います。

それにしても、ちょっと気になったのが、このDVDの装丁。ケースから小冊子まで、いい紙を使っていてやけに力が入っています。きっと、映画後編のDVD/ブルーレイ化にあわせて「野田恵」版も出るんでしょうね。

コンサートシーンだけではなく、ドキュメンタリーやインタビューなどの映像も入ったこのDVD、なかなかオススメの一品でした〜。


Comments»

No comments yet — be the first.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: