jump to navigation

仕事人に最高のiPadアプリ「Magic Window」 June 3, 2010

Posted by marr0528 in ipad.
Tags: , , ,
trackback

5月28日のiPad発売直後からしばらく、公私共に猛烈に忙しい日々が続いていて、あまりゆっくりとiPadに向き合えていないMarrさんです。こんばんは。そんな中、会社のPC(残念なことにDell)の隣にiPadを立てて、ずっと立ち上げているアプリがあります。それが「Magic Window」です。

iPadを買ってから、僕が最も長い間楽しんでいるのは、実はこのアプリです。どんなアプリなのか、簡単にいえば「iPad越しに外の風景を眺めるアプリ」。眺める先にあるのは、実際に今そこにある風景ではありません。いろんな場所をiPadを窓に見立てて、そこから眺めることが出来るんです。

場所は15の選択肢から選ぶことが出来ます。デフォルトでは、上段の3つをすぐに楽しめるようになっています。それ以外は、無料であとからダウンロードできます(WiFi下に限る)。

さて、このMagic Windowのすごさは、実際に使ってみないと分かりにくいところがあります。ただ、写真を眺める訳ではありません。この風景、たとえば雲が流れていったり、日が昇ったり沈んだり、と時間が流れていくのに併せて、自然の風景と同じく移り変わっていくのです。その様子が実に美しい。

こうやって夜のSan Francisco Bayを眺めていたら、気がつくと朝になっていたりするんです。おおっ!

しかも、右下のバーを動かすと、時間の流れるスピードを変えることが出来るんです。その日の仕事の気分で、いそげいそげの日があったり、じっくりしっかりの日があったりすると思いますが、それに合わせてバーを動かしてみる。なんだか、これは良いかもしれません。

更にスゴイのは、画面を横にスワイプすると時間軸を変えられること。左にスワイプすれば時間を進ませることが出来ます。右はその逆。これがまた、気持ちいいんです。

実は、これまでに色々と試した結果、仕事中にはこれが一番だという結論を得ました。写真を次から次へとスライドショーで表示させるようなアプリでは、画面がチカチカしてしまい、例えばPCでメールを打ったりしている時には、業務に集中できません。ニュース系など、文字が表示されるようなものはなおさらです。

このアプリは、自分を主張し過ぎないのがいいところ。PCの隣に配置されるのは、どんどん切り替わるわけではない、そこにあるかに見える風景が最も安心感があります。でも、時間が経つにつれて少しずつ変わっていく風景。仕事で行き詰まったり、何か思案にふける時には、この移ろっていく様子を眺めることで、アイデアがひらめいたり、心を静めたり出来る感じです。そして、画面に触ることで動きを生み出せるというインタラクティブ性も大切なところだと思います。

ということで、iPadを買って最も良かったと思わせてくれたのは、現時点ではなんとこのアプリでした。これから、どんなアプリが登場してくれるのか、楽しみでなりません!


Comments»

1. 会社で徹夜のときには、iPadに癒されて。 « The Art of Marr's Blog - June 11, 2010

[…] PCの隣において、僕は大好きなクラシック音楽を流しながら、なおかつ以前紹介した癒しアプリMagic Windowを片目で眺めつつ、徹夜で仕事を頑張るんです!ほら、ちょうどCosta […]


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: