jump to navigation

僕がKindleユーザーとして初代iPad購入を見送る理由 March 4, 2010

Posted by marr0528 in ipad, kindle.
Tags: , , ,
trackback

<前回までのあらすじ>

これは、アップル大好きにも関わらず、初代のiPadは買わないことに決めた後ろめたい気持ちを「僕が初代iPadを見送る理由」としてブログで連載することに決めたMarrさんのお話です。(導入部はこちら。)

さて今回は、Kindleユーザーとして初代iPadを見送る理由です。Marrさんは言わずとしれたKindleユーザー。どのくらいKindleが好きかと言われれば、このブログに取り上げた記事の数々を見ていただければよくおわかりになると思います。

さて、そんな僕がKindleユーザーであるからiPadを見送ります、と書くと、Kindleで出来ることはほぼ全てiPadで出来るんだから、アップル好きのMarrさんはiPadだけ持てば良いじゃないか、という話になると思うのです。まあまあ、その話はよく分かります。

ということで、まずは、Kindleで出来ることをまとめてみましょう。

  • Kindle Storeからダウンロードした本を読める
  • txtやpdfファイル、jpg等の画像も表示出来る
  • テキストデータの音声読み上げが出来る(英語のみ)
  • Kindle Storeから本を購入・ダウンロード出来る
  • インターネットに繋がってウェブブラウジングが出来る

といった感じでしょうか。で、次にiPadで出来ること、と思ったのですが、iPhoneアプリのKindleもありますし、様々なアプリも他にありますので、Kindleで出来ることは、iPadで出来ることのほぼ一部に過ぎない、ということになります。しかも、iPadはカラーですし、なによりタッチスクリーンです。(人にKindleを見せると、必ずといっていいほど画面をタッチするのは、有名な話。)

では、Kindleが差別化出来るのはどこか、というと次の二点に絞られます。

  • どの国にいても実質無料でインターネット通信が出来てしまう。
  • 筐体とディスプレイそのものに特徴がある。

前者は、通信費がコンテンツ料金に含まれているというAmazonの特殊なマーケティング戦略に起因します。それは、例えば以下の記事にまとめたように、どの国にいても料金を気にせずにTwitterが出来る、というようなフリーダムをもたらしてくれます。これはiPadには出来ない芸当です。

隣国でのTwitter事情、そして海外でのKindleの威力! December 19, 2009

後者については、以前こちらの記事にまとめたことです。

Kindleとアップルのタブレット端末は共存していく。 January 18, 2010

そう、Kindleが実現するのは、目が疲れない反射光のディスプレイに、美しく読みやすいフォントで文字を表示し、それを目で追う(加えて読み上げてもらう)という、いわゆる純粋な読書体験。これはKindleが、機械然としていても幅広い年齢層(特に高い年齢層)に支持されている理由だと思います。しかも、青空文庫だって、こうやって読むことが出来るようになっているんです。

(速報)Kindleから縦書きの青空文庫をダウンロードして読む January 23, 2010

そもそもアップルのタブレット端末(iPad)の話が現実味を帯び始めたころから、Apple対Amazon、もしくはiPad対Kindleという構図がマスメディアを中心に語られることが多ったのですが、これは見当違いで、両者は共存出来るというのが僕の持論です。

読書と言うことだけに特化して話をしてしまえば、iTunesのApp Storeを通じて提供されるであろうiBook Storeアプリでの読書はおそらくKindleのそれとは全く違う体験をもたらしてくれると予想出来ます。既成概念に捕らわれないマルチタッチの操作で、従来の文字を追うだけの読書とは異なるインタラクティブな読書が楽しめることになるでしょう。一方、文字を読むために特化したKindleはそんな素敵なことは出来ません。前述したような、純粋な読書体験です。

僕に必要なのは、どちらでなければならないということはなく、どちらも必要な体験です。ということは、KindleもiPadも持てば良いじゃないか、ということでしょうか…。

ということで、ええと、これではiPadを見送る直接の理由にならないですね…。今回の記事は、iPadを買ってもKindleは活躍する(繰り返しますが、まさに共存する)ということの再確認でした…。

次は、MacBook Airユーザーとして、そしてiPhoneユーザーとしての視点から、買わない理由を探してみます!

なお、お気付きの方も多いと思いますが、MarrさんはKindle発売の時に、こういう記事を書いています(汗)。

Amazon Kindle 2国際版の購入を見送る3つの理由 October 12, 2009

Comments»

1. ボーノ - March 4, 2010

marrさんお久しぶりです・・・って、twitterではちょくちょくお見かけしてるんですけどね。

僕も取材で電子出版を追ってるんですが(※記者でもなんでもなく通ってる講座の課題としてやってます)、KindleとiPadはそもそも性格が異なりますよね。デバイス的にはやはりKindleの見やすさ、軽さ、電池持ちの良さはもっと語られるべきだと思います。(でもこの辺って使ってみないと分からないという地味な部分でもあるんですよね。)

一方、iPadは完全な汎用機ですよね。しかもAppleの一番の狙いは恐らくアメリカでのテレビ番組販売でイニシアチブを取る事で、書籍はそこまで力を入れてくるかどうか・・・という気がしています。

てなことをブログに書いたり、レポートで提出しようと思っております。また来まーす。では。

marr0528 - March 4, 2010

ボーノさん、こんばんは!こちらこそご無沙汰です!

Kindleの「使ってみないと分からない」は、マーケティング的には残念なところですよね。でも、MacやiPhoneがそうだったように、使う人の数が増えると、少しずつ浸透してくるんじゃないかなぁ、と思っています。

iPadの狙い、そっちでしたか!なるほど、思いつきもしませんでした。iBookstoreへの意気込みは、確かに未知数。どうなることやら、です!

2. hondamarlboro - March 4, 2010

こんばんは。Kindleも見送っていたと思いますがww わたしも発表当初はKindleとカブるかなと思っていたのですが、全く違う使い方を思いつき(というよりも、「欲しい」ありきで理屈をあとから付けた)、買うことで決まっています。

ということでiPadの購入レポートお待ちしてまーす。

marr0528 - March 4, 2010

hondamarlboroさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。ただいま「欲しい」ありきで理屈をあとから付けることのできるhondamarlboroさんとは、全く逆の方向に走ってます。つまり、「欲しい」けれどもで買わない理由を頑張って探してる、んです(涙)。iPadの購入レポート、期待しないでください〜。

3. Winchester - March 4, 2010

PDFリーダーとしてはiPadは上かもね。それに、Kindleを先に買うと決めた私が、今回もiPadを先に買うと決心しちゃているんだよね〜^0^
要はマーさんは結局見送れないってことだよ!

marr0528 - March 4, 2010

Winchesterさん、こんばんは。

そうなんだよねぇ。そうなんだけど、今回ばかりは見送るんです!!!頑張るんです!!!

4. パーソナライズできないiPad « The Art of Marr's Blog - March 18, 2010

[…] 僕がKindleユーザーとして初代iPad購入を見送る理由 March 4, 2010 […]

5. 初代iPad買わない宣言の撤回。 « The Art of Marr's Blog - May 10, 2010

[…] 僕がKindleユーザーとして初代iPad購入を見送る理由 March 4, 2010 […]


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: