jump to navigation

ビル・ゲイツがMarr’s Blogのアクセスを増やす(?)Twitterの不思議。 January 21, 2010

Posted by marr0528 in diary, twitter.
Tags: , , , ,
trackback

このThe Art of Marr’s Blogに、なんだか「風が吹けば桶屋が儲かる」的な珍事が起きた(ように見えなくなくもない)のが、なんとも可笑しかったのでご報告。

ことわざ「風が吹けば桶屋が儲かる」とはWikipediaによれば…

風が吹けば桶屋が儲かる(かぜがふけばおけやがもうかる 英:After wind’s blowing, basinsmiths get money)とは日本のことわざで、あたかもバタフライ効果のように思わぬ所に思わぬ物事の影響が出ることの例えである。しかし現代では、その論証に用いられる例が突飛である故に、「あり得なくはない因果関係を無理矢理つなげて出来たトンデモ理論」も指すことも多い。

経済学においては、ある主体の支出が様々なプロセスを経て何倍もの支出になる乗数効果や、投資が投資を生む波及効果のたとえとして持ち出される場合がある。

とあります。そんな昨日のできごとは以下の通り。

まず、Marrさんをはじめアップル大好き人間達の仇敵、ビル・ゲイツ氏がTwitterの利用を開始したところから話は始まります。ちゃんとVerified Accountと書かれていますからご本人なのでしょう。Marrさんとしては、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という孫子の兵法に則り、さっそくFollowさせて頂きました。

ただでさえ、テレビでも雑誌でも、ネコも杓子もTwitterというご時世ですから、Twitterのサーバーもたまったものではありません。まぁ、今日に限らずおかげでよくあることなのですが、今日はいつもよりも比較的長い時間、こんな画面をさらけ出してしまっていたようです。

これは、いわゆるサーバーダウンのお知らせなのですが、実は昨年の10月にこれについての記事を僕が書いていたのが、次の出来事の原因となりました。

TwitterでOver capacityのくじらが見える…。 October 13, 2009

この記事はこの記事で、Twitterの魅力を伝える別の記事を言及していて、それもぜひ時間がある時にでも読んで頂きたいのですが、何はともあれ今日はこの「くじら」記事が大フィーバー。もう、アクセス状況を見るとこんな具合です。

このグラフ、見れば見るほど「桶」のように見えるのはともかく…、多くの方が「Twitter is over capacity.」という文字で検索をしてくるのですね。試しにGoogleで調べてみたら、なんと上から3番目でした。なんとも驚きです。

というのが、昨日の事情なのですが、このあるようでないような(おそらくない)因果関係に気付かせてくれたのが、この^2さんの呟きでした。

なるほど、そういうわけだったのですね、ということです。いやいや、Twitterは本当に面白いです。そんなMarrさんをTwitterでFollowする場合はこちらから。大歓迎ですよ〜。

さてさて、こういう記事を書いていると、僕のことを稀に「ブログアクセス乞食」とコメントされる方がいらっしゃるのですが、この記事こそ、ただのトンデモ記事ですので、どうぞお気遣いくださいませんようお願い申し上げます。


Comments»

No comments yet — be the first.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: