jump to navigation

「英国好きは全員集合!」な青山のお店「VULCANIZE London」 January 3, 2010

Posted by marr0528 in diary.
Tags: , , ,
trackback

1月3日は妻と一緒にお買い物に出かけました。いくつかのお店を回る中で、11月13日(僕らの結婚記念日!)に青山の骨董通りにオープンしたばかりのアーケードショップ「VULCANIZE London(ヴァルカナイズ・ロンドン)」に行ってきましたのでご紹介。

「vulcanaize」の語意は、プログレッシブ英和中辞典によると「〈生ゴムに〉加硫する;〈タイヤなどを〉(熱などで溶かして)修理する」という意味で、ショップの名前の由来はちょっと分かりませんが、30以上の英国ブランドがショップ・イン・ショップの業態で集まるこのお店は、英国好きの妻と僕にはたまりません。

VULCANIZE London」で展開する主なブランドは以下の通り。

  • 「スマイソン」(ステーショナリー)
  • 「ターンブル & アッサー」(メンズウェア)
  • 「スウェイン・アドニー」(バッグ)
  • 「フォックス・アンブレラ」(傘)
  • 「リバティファブリック」(ファブリック)
  • 「リバティ・オブ・ロンドン」(メンズ&レディスウェア)
  • 「ハケットロンドン」(メンズウェア)
  • 「グローブ・トロッター」(トラベルケース)
  • 「モルトンブラウン」(コスメティック)
  • 「ケネス・ターナー・ロンドン」(フローリスト)
  • 「ミサハラダ」(ハット)
  • 「ペンハリガン」(コスメティック)
  • 「ジョン・スメドレー」(ニット)
  • 「トゥルフィット & ヒル」(グルーミング)

実際にお店を訪れてみると、さすが英国のブランドだけ集めただけあって、雰囲気がもはやそんな感じです。いかにも英国の上流階級の人が好みそうなモノの数々。値段もそれなりに高いですがビックリするほどでもなく、広々としたフロアの中でゆっくりと上質の品を愛でることができそうです。個人的には、超高級文房具のスマイソン社の品を手にすることが出来るのが嬉しいところ。

VULCANIZE London」には「VULCANIZE The organic café」という喫茶空間も併設されています。そこで楽しめるのは、もちろんティーとスコーン(もちろん、他のものもあります)。

嬉しかったのは、カフェ内でのFREE Wi-Fiの案内がされていること。お隣では、白のMacBook(もしくは旧iBook G4)を使っている女性がいてテンションが上がってしまいました。(ちなみにお店全体のレジはiMacでした!)僕なら、ここにMacBook Airを持ち込んで、のんびり午後の一時を過ごすなんてことも出来そうです!!

さてさて、せっかく訪れた「VULCANIZE London」ですので、このMarrさんのブログに相応しいお買い物をして参りました。詳細は、次の記事をお楽しみに!


Comments»

1. ぼちころ - January 7, 2010

vulcanize はMackintoshコートの防水処理のアレですよー

marr0528 - January 8, 2010

ぽちころさん、初めまして!コメント有り難うございます。

なるほど、ゴム引きのことですね!!!!謎が解けました。
これは、ちょっとうれしいですね〜。


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: