jump to navigation

Amazon Kindle 2国際版の購入を決断した理由 October 19, 2009

Posted by marr0528 in kindle, Uncategorized.
Tags: , , , , ,
trackback

本当に色々なことを頭の中で考えを巡り巡らせ、さきほどAmazon Kindle 2国際版の購入ボタンを押しました。あれだけ迷って(これこれ)いたのに、発売当日(発送開始当日)にどうして購入することにしたのか、理由を書いておきます。

まず、ブログで二度に渡って記した、MarrさんがKindle 2を買わない理由が、いかに解消されたかですが、まず、前回の記事を引用しましょう。

  • Kindle 2のファームウェアは、アップデート可能だということが分かる。(もし、これが可能なら、現時点で日本語フォントの表示は出来なくても、今回の端末で将来は解決できるかもしれない(未調査です。))
  • 友人のKindle 2が届いたら、いろいろ弄ってみる。日本語入りのPDFを放り込んでみて、実際の使い勝手を確かめる。(これで申し分なければ、あとは前者の要件との心理的なせめぎ合いになります(笑)。)

これらについては、比較的簡単に答えが出ました。前者について、ファームのアップデートはWhispernetを通じてされる、ということ。そして、日本語(他言語化)への対応については検討されているということが分かりました。もちろん、両者は結びついていない可能性もある(つまり今回の端末で、将来日本語が使える保証はない)のですが、この記事の後半に書いた内容をふまえて、結論は良しとしました。後者については、ブログ記事やYouTubeで十分に使い勝手を知ることが出来ましたから、待つのはやめました。ええ、結局は、日本で最初に手に入れる人の一人になりたい、という心理は大きく働きましたよ(笑)。

でも、よくよく考えて気づいたのです。大切なのは、今回自分がどうしてこんなにこのKindle 2にこだわったのか、ということでした。もちろん筐体の美しさは、写真を見るだけでひしひし伝わります。初めて見たときから、これを自分の手のひらに載せたい、という欲求は非常に大きいものでした。端末のことだけで言えば、僕がこだわるのはユーザーインターフェイスです。Mac OSやiPhone OSのように使っていて心地好いのは最も重要であり、そうでなくても思考を邪魔されないものであることは前提です。そういう意味では、今回のKindleは及第点ではないかもしれません。そう考えると、端末の魅力はこだわりの核心ではないのだと思います。

では、どうしてこだわるのか。それは、もしかしたらこのKindle 2が30代になった自分を、次のレベルを引き上げてくれるきっかけになるのではないかと思ってならないからです。

理由は簡単に二つです。Kindle 2は、現状では英語を読むためだけの存在です。僕はそれを手にすることで、英語という言語にもう一度真摯に向き合いたいと強く思うのです。そして、世の中の情報をより広大な選択肢の中から、より早く収集できるようになりたいのです。もう一つは、書籍に向かい合う状況をきちんと作りたいのです。以前も書いたように、Marrさんは書籍を買うのは好きですが、それを読むことからは何となく逃げてしまっていたのです。結果的に、今手元にある書籍は裁断してScanSnapにかけてPDF化するという手間はありますが、それらをいつでも手軽に読める環境を作るのです。そうすることで、インターネットの情報とは異なる、書籍の中にある体系立てられた知に、より多く触れていきたいと思います。

もちろん、電子機器の世界は生ものですから、時間が経てばもっと良い端末が必ず世の中に登場し、Kindle 2は存在価値を失っていくかもしれません。しかし、人生は待ったなしです。そして、結論は出しました。せっかく手にする世界中の知への窓ですから、最大限活用して、さっさと減価償却をしてやろうと思います。ふへへ。


Comments»

1. Podee - October 19, 2009

ご購入を決断されましたか! 一時は大変迷われていたようなので驚きました(^_^;) Kindle 2は薄さといい潔さといい筐体が本当に美しいですからね…今後の使用感などのレポートもぜひよろしくお願いします(^^)

marr0528 - October 19, 2009

>Podeeさん

こんばんは。いつも有り難うございます。

>一時は大変迷われていたようなので驚きました(^_^;)

ふへへ、そうですよね…。
でも、迷ってよかったんだろうな、と思います。
レポートがんばりますよっ!

2. としし - October 21, 2009

通りすがりです。

>最初に日本で手に入れられる一人になりたい、
me too.

そもそもkindleは3Gの使えない米国版ですら欲しかったクチです。
技術屋なので、恐ろしくページ数の多い(しかも紙質の悪い)ペーパバック
を参照したいことが多いのですが、持ち歩くわけにもいかず、しかも外出
している時に限って見たくなったりするんですね~。

てなのはイイワケで、要はkindleというガジェットがイイわけです。ハイ。

私のkindleは既に大阪に着いたらしい。
明日には配達される予定。

marr0528 - October 22, 2009

とししさん、はじめまして!コメント有り難うございます。

そして、「最初に日本で手に入れられる一人になりたい」への反応、嬉しかったです。結局は、これですよねぇ。

そういう意味では、僕のところには23日に到着しましたので、「最初」にはならなかったのが悔しくてならなかったです、ハイ。

とししさんにとっては、念願が叶った感じですね。
Kindle lifeを楽しみましょう!!

3. としし - October 22, 2009

来ました。

すげーコンパクトな箱でおっちゃんはびっくりしました。
美しいッス。
想像以上にいいッス。

ぜひこの感動を味わって欲しいです。

さっそく、kindle book買ってみましたよん。

marr0528 - October 26, 2009

とししさん、お返事遅くなりました。

Kindle、想像以上にいいですね。さっそく虜になっています。
本の購入も簡単すぎて、どんどん買っちゃいそう。

これで日本語が表示できれば言うことないんですけどねぇ…。

4. としし - October 27, 2009

twitter.comでいろいろつぶやいてみてます。
@toshishi555 です。

marr0528 - October 28, 2009

とししさん、こんばんは。

Twitter、実は少し前からとししさんをFollowしていました。これには理由があります。

Timeline上で「Kindle」を含む日本語のつぶやきをしている人たちのなかで、実際にKindleを買ったと思われる人たちを、片っ端からFollowしていたときがあります。

そのときに、とししさんもFollowさせていただいていました(笑)。これからも、どうぞ、よろしくお願いします。

5. ちいこ - November 9, 2009

はじめまして。
私はイタリア在住ですが、今回、イタリアでもkindle 2が使える
ということで、購入してみました。(アメリカより郵送)。
いや~、いいですねえ! 何よりも、辞書が簡単に引けるのが
気に入っています。
イタリア語の本が読めるようになるのはいつのことやら・・・。

marr0528 - November 11, 2009

ちいこさん、はじめまして!お返事が遅くなってごめんなさい。

そうですね、辞書が簡単に引けるのは僕も気に入っています。ただ、標準の辞書だと少し難しいので、学習者用の辞書に交換しました。そういうことも出来るのがいいところだとおもっています。

ラテン語系は比較的簡単に対応出来そうなのに…、今後の展開が楽しみですね。

これからもよろしくお願いします!

ちいこ - November 11, 2009

え?
学習者用の辞書に変更とかってできるんですか?
知らなかった~。ありがとうございます!
さっそく私もやってみます!

6. marr0528 - November 12, 2009

ちいこさん、こんばんは。

正確に言うと、Kindle Storeにいろいろな辞書が売っていますが、それを買うと、メニューから辞書の変更ができるようになるのです。お試しください!


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: