jump to navigation

New Orderの近況報告 July 4, 2009

Posted by marr0528 in Uncategorized.
Tags: , , , ,
trackback

僕のブログで何度か紹介している英国マンチェスター出身のだらだらおじさんバンド、New Orderについての話題。

というと語弊がありますのできちんと説明すると、90年代っ子にとってのNirvana的な存在が、80年代っ子のJoy Division。彼らはさしずめ英国の冷たい魂といったところ。全米ツアーを控えたある日、ボーカルのイアン・カーティスが首を吊ったところで、彼らはバンド名をNew Orderと変えて再出発する。80年代へと時代が突き進む中で、彼らの音楽はPost PunkからNew Wave、Disco、Danceと変わっていく。歌声もギターで奏でる音も、どこか音程のままならないへたくそボーカル兼ギタリストのバーニー(バーナード・サムナー)と股を広げて腰を落とした姿勢でヤケに主張するベースラインを引くフッキー(ピーター・フック)が二枚看板。その後、The Other Two(その他二人)という自虐的なバンド名でデビューした影の薄いけど的確なドラマーのステファン・モリスと、途中で脱退したステファンの妻でキーボーディスとのジリアン・モリスがこっそり後ろで支えています。そして、バーニーの足りないテクを補ってくれる新規加入のギタリストの若者フィル・カニンガムがNew Orderのメンバー。解散と再結成と喧嘩と仲直りを繰り返して、現在はフッキーが「二度とテメエらと一緒にバンドはできねぇ!」と怒鳴り散らして、今に至っています(やれやれ)。

と、また前置きが長かったのですが、そんな彼らの近況が一気に届きましたのでご紹介。

まず、バーニーはフィルと一緒にBad Lieutenantというバンドを結成。ステファンはサポートメンバー。バーニーの相変わらず下手な(でも切ない気持ちにさせてくれる!)歌が聴けるのはこのYouTubeから!

新曲”Sink or Swim”

イギリスでは誰もが知っているJoy Divisonの名曲”Love Will Tear Us Apart”

New Orderの屈指の佳作”Bizarre Love Triangle”

Pet Shop Boysのニール・テナントとの切ない共作Electronicの”Getting Away With It”

うーん!やっぱり、元の曲がいいと、アレンジされても良さは変わりませんね。バーニーの声もすてき。何でもいいので、もっと新曲が聴きたいものです。

で、時を同じくして裏切り者フッキーの新バンドFreeBaseも新曲を英国のラジオXFMで公開。曲名は”Stalingrad”。録音してくれた人のおかげで、このブログ(ポルトガル語ですが)で聴くことが出来ます。なんだか、曲名に似合わずユルユルな感じ。これもあり。

でも、やっぱりバーニーとフッキーは一緒に仕事してほしいものです。あぁ、我が青春のNew Orderの次の復活はいつになるのでしょうか。


Comments»

No comments yet — be the first.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: