jump to navigation

Vajaのケースで着飾るiPhoneと文房具と手帳と。 November 3, 2008

Posted by marr0528 in iphone, Uncategorized.
Tags: , , , , ,
trackback

地球の裏側ブエノスアイレスからメンフィスとアンカレジを経由して、やっと手元に届きましたiPhoneのために特注したVajaのケース。インターネットで注文したのが9月23日でしたから、手に入るまでちょうど一ヶ月でしたね。購入に至る経緯やVajaについては、以前の投稿からどうぞ。

さて、さっそくお披露目です。iPhoneの美しい画面のは今にはじまったことではありませんが、Vajaのしっかりとコーティングされた本皮のケースとの色合いのコントラストが何とも素敵です。見た目の所有感はこれで倍増ですね。

以前、丸井でビジネスバッグを購入した際に、お店の人から「迷ったら茶色を選びなさい。きちんとしたメーカーの茶色であれば、年月を経て必ずいい味が出てくるから。」と教わったことがあります。その後、そんな言いつけを守り続けていますが、年月を経なくても、この子は十分に合格です。

Vajaのロゴが右上に入っていますが、主張しすぎる訳ではなく、さりげなくアクセントになっています。ここら辺が、PalmファンやAppleファンに愛され続けている所以なのでしょうね。

ちなみに、気になる点もいくつかあります。

ひとつは、そもそものカバー不要説。いや、もちろん最初からそんなことはわかっていたのです。前回の投稿でも、魔悪くんに指摘されましたが、ジョブズとアイブが完成させたAppleのデザインにカバーをしてしまおうなんて、何ともおこがましいわけです。iPhoneはありのままの姿でそこに佇んでいるだけで美しいのですから、それを隠してしまおうなんて言語道断なのです。

と、わかっていながら今回はあえて着飾ろう、という話でした。だって、山手線に乗っているとたくさんいるんですもの。iPhoneユーザーが。アメリカから輸入して得意げにiPhoneを使っていた去年や、話題沸騰中だった発売直後とは、状況が違うのです。僕には、どうしても見た目の差別化が必要だったのです!重要なのはあくまで見た目。それの証拠に、写真をよく見てください。四方の角が開いているこのカバー。手元からポロッと落としたときには何の役にも立たないじゃないですか。ふふふ。

さてさて、カバーをかけるとひどく違和感を感じることがあるのもわかりました。画面をタッチして操作することで有名なこのiPhoneですが、これまではその画面に広さの限界はあっても障壁になるものはなかったのです。わかりやすく言えば、画面を滑らせる指が端まで行くと必ずカバーに当たってしまう。この不快感には、当初かなり悩まされました。今ではもう慣れたので大丈夫。

このことで逆に気づいたのが、画面に枠がないことの爽快感です。今までのNokiaの端末にしても、それまでの携帯にしてもPalmにしても、画面に枠があった気がします。必ずカバーをつけてみて、改めてそれが存在しないことの素晴らしさを学びました。

えーと、話が長くなるので、以下写真を数点。背面はカメラの穴だけ。きわめてシンプルに。

カバーの内側にはVajaのロゴ。かわいいです。

ロックを解除するとホームスクリーンはこんな感じ。いずれ改めてご紹介します。

さてさて重要なのは、この次からの写真です。手帳と文房具を愛するMarrさんですから、こんな素敵な写真が撮れてしまうと、もうすごく満足なのです。

iPhoneが鎮座している相手は、ちょうど使い込んで23ヶ月になろうとしているイギリスの文具ブランドAshfordのブックカバー。そこに刺さっているのは、ドイツのペンメーカーStaedtlerのtriplus finelinerの赤と青。それから、黒のボールペン。

その中に隠れているのは、もう手放すことができない「何処にいくの?」という名を冠したフランスの手帳Quo Vadis。ここら辺のことは、以前のブログの記事からどうぞ

いやー、素敵です。ほんとに。満足満足。


Comments»

1. kimasenka - September 2, 2009

初めまして。
iPhone用vajaケースで検索して、こちらに辿り着きました。
私も購入を考えています
これまでもいくつかvajaのケースを購入していますが、いつもオーダー画面の色と実際に届いた実物の色の違いが気になっています。

それでお伺いしたいのですが、写真に写っているケースの革の種類と色を教えていただけますでしょうか。この色が気に入っています。

よろしくお願いします。

marr0528 - September 5, 2009

kimasenkaさん、

はじめまして。お返事が遅くなってしまいまして申し訳ありません。vajaのケースはセンスがいいのに加えて質実剛健で、長く使いたくなる代物ですよね。僕はPalmに続けてこれが二つ目でした。

さて、ご質問の件も気持ちはとてもよくわかります。拘って買うものだからこそ、色が実際にどんな風になるのかは、出来るだけちゃんと把握したいものですよね。

実は、購入したときの記憶もメールもない状態なので、今、色々とvajaのページの中で試してみて、たぶんこれだろう、というお返事になります。革はPlain Vitelinoで色はChocolateだったと思います。

写真は近くからフラッシュを焚いているので、普段使う以上に明るい色合いで写っていると思います。ご了承くださいませ。

またなにかあれば、声をかけてくださいね!

2. 本革ケースVajaがiPadケースを計画中! « The Art of Marr's Blog - March 3, 2010

[…] Vajaのケースで着飾るiPhoneと文房具と手帳と。 November 3, 2008 […]

3. パーソナライズできないiPad « The Art of Marr's Blog - March 18, 2010

[…] Vajaのケースで着飾るiPhoneと文房具と手帳と。 November 3, 2008 […]

4. 高級iPadケースの真打ち、Vaja社から登場! « The Art of Marr's Blog - March 26, 2010

[…] Vajaのケースで着飾るiPhoneと文房具と手帳と。 November 3, 2008 […]

5. 高級iPadケースのVaja社、更なるバリエーションを準備! « The Art of Marr's Blog - April 7, 2010

[…] Vajaのケースで着飾るiPhoneと文房具と手帳と。 November 3, 2008 […]

6. Vajaの傑作「Leather Agenda」から始まるiPadケースについての一考察 « The Art of Marr's Blog - May 15, 2010

[…] Vajaのケースで着飾るiPhoneと文房具と手帳と。 November 3, 2008 […]


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: