jump to navigation

iPhone 3Gをカスタマイズ Lock Screen編 October 14, 2008

Posted by marr0528 in Uncategorized.
Tags:
trackback

秋も深まる今日この頃、お元気でしょうか。

さて、Vajaのケースが届いてから、と思っていましたが、なかなか届かないのでしびれを切らしてエントリー。先日も(中途半端に)ご紹介した、カスタマイズ済みのiPhone 3Gについて、これからのんびりと少し詳しく書いていきます。

基本的にはiPhone 3GをJailbreakして得られる機能の話になりますので、最初にそのことについて少し。

iPhoneの機能をAppleが意図しない形で拡張したり、公式のAppStoreでは発売出来ないソフトを手に入れることが出来たりするJailbreak(いわゆる脱獄)ですが、最近は、肯定派と否定派が活発に意見を出しています。そんな中、僕はもちろん肯定派。初代iPhoneを使っていた頃は、Jailbreakしなければ日本で満足に利用することが出来なかったという過去があります。その頃から、Jailbreakされた環境でのアプリケーション開発を時間軸を追って見ている身としては、AppStpre開設以降のこの間の隆盛はJailbreakがあってこそだった、と身にしみて思っている訳です。ただ、否定派の方々がおっしゃる自己責任で尚かつ他人に迷惑をかけない、は大前提。否定の否定はしませんよ。

でも、何はともあれ、僕が僕らしく、使いやすく美しくiPhoneを持ち歩ければそれが一番いいのです。誰にも文句は言わせません。

さて、Marrさん自慢の美しい待ち受け画面を、今日はさっそくご紹介。

壁紙はボッティチェリの「春(プリマベーラ)」。愛の女神ヴィーナスを取り囲む様々な神々の構図と色合いが、何となくしっくりとiPhoneにはまり込んでくれたので、最近はもうこれでいっています。

本来なら、「Softbank」と表示の出る左上には「iPhone」の文字。これは、MIM(Make It Mine)(俺様のものになれ)というソフトを使って文字の入れ替えを行っています。実際に僕が入れているのは「_iphone」という文字。「iPhone」だけだと文字間隔が間延びして右手にある「3G」と美しくそろわなくなってしまいます。

右上に目を移すと「as」のロゴ。これは、iPhone上でAudio Scrobblerの機能をしてくれるアプリでScrobbled。初代iPhone時代からお気に入り、ウェブサービスのLast.fmを最大限に活用するためのアプリです。これについては、ちょっと詳しく書きましょう。

Last.fmはAudio Scrobblerの機能を使って、iTunesで再生された曲情報をウェブにアップロードし、ユーザーの趣向を解析してこちらに返してくれる(つまり趣向に合わせた楽曲をFMラジオよろしく流してくれる)何とも素敵なサービス。iTunes 8からAppleもGenius機能で似たようなことをやろうとしていますし、同じようなサービスではPandoraがありますが、Geniusはまだ始まったばかり、PandoraはiPhone用に素敵なアプリがありますがもともとアメリカ限定のサービスですからプロシキを設定しないと日本では使えません。

もともとiPhoneはiTunesにつなげば曲の再生情報をMac側に吸い上げますから、本来はiPhone上でScrobblingする必要はないのですが、僕にとっては非常に意味があるのです。僕のようにiPhoneの機能を存分に使おうとすると、iPhoneがクラッシュしたり再起動が必要になったりは頻繁に起きること。すると、曲の再生情報はMac上に戻っていかないことが多いのです。すると、iTunes上の再生情報はおろか、Last.fmにアップロードされる情報も断続的なものになってしまいますから、Last.fmの恩恵を預かりきることができないのです。そこで、常にOTA(Over the Air)で情報をアップしてくれるScrobbledは僕にとって必携アプリなのです。

ちなみに、いずれ紹介することになるでしょう、アメリカのAppStoreにあるLast.fmのアプリも同時に必携。初代のバージョンは醜い姿でしたが、現時点で最新のバージョンからは美しいUIを備えた素敵なアプリに変身しました。アーティスト名やキーワード(タグ名)を入れると関連する曲を再生してくれる、また、自分の好みに近い曲を再生してくれたりする、と、まさに自分のためだけの最後のFMラジオにiPhoneを変えてくれます。こんなことができるiPhoneって、素敵でしょ。

なお、同じ種類のJailbreakアプリはもう一つあるのですが(名前も似ているのですが)、僕は圧倒的にScrobbledを推薦します。動作も初期段階から安定していましたし、なにより初代iPhoneの時のアプリのように右上のasのロゴが出るのですから。(ここら辺にはノスタルジックも入っています。)

最後に、時間のフォントを読みやすい太めのものに変えてあります。iPhoneのファームウェアがバージョン1.xだった時代にはFontSwapという素敵なアプリがあり、iPhone上のあらゆるフォントをそれぞれ好きなものに指定が出来ました。その頃は、Timesフォントに近いクラシカルな感じのフォントに設定していて、それがまたiPhoneの美しさを増幅させていたのですが、2.0以降は他のアプリ同様に動作しなくなりました。現時点では、SpringBoardのフォントを変える手法は出て来ていますが、時間のフォント(LockClockフォント)については、手がない状況が続いていました。

そこで、いろいろ調べてみるとこのサイトでLockClockフォントの置き換えという手法を使って、フォントを変えることができるようになっていることがわかりました。現時点では置き換え出来るフォント数にも限りがあり、LockClockフォントは更に選択肢が少ないのですが、その中で他がなんとも気の抜けたフォントでしたので、とりあえず写真のCalibri Custom Clock Fontに置換。うん、もとのフォントよりは必要十分にまし、です。

本当はもう一つだけ紹介したいアプリがあるのですが、たまたま写真に写らなかったものですから、それはまた次回。

さて、明日の夜は待ちに待ったAppleのイベント「The spotlight turns to notebooks.」があります。愛機PowerBook G4の次を担ってくれる(ように背中を押してくれる)素敵なMacBookの登場を祈って、今日は早めに寝ることにしましょう!


Comments»

1. はなこ - October 14, 2008

私も明日は起きて実況中継BLOGをチェキするつもりです!
楽しみですね!


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: