jump to navigation

Anthony Wilsonよ、安らかに眠れ。 August 11, 2007

Posted by marr0528 in Uncategorized.
Tags: , , , , , ,
trackback

マイ・モスト・フェイバリット・レーベルである英国はマンチェスターの象徴"Factory Records"の創始者である、Anthony Wilon(トニー・ウィルソンで知られる)が10日に癌で亡くなったとのこと。

トニーの作ったFactoryは、いわゆるインディーズのレコード会社で、いわゆる80年代の暗いNew WaveサウンドからDJ・クラブ・レイブサウンドへ、常に最も新しい音を作り出す存在であり、90年代初頭の破廉恥騒ぎであるMadchester Movementの象徴だった。会社とアーティストは有名な血の契約書のみが存在し、そこには「アーティストの著作権はアーティストに所属する。売り上げは会社とアーティストで50%ずつ折半する。」とだけ定められたと言われる。(そして、Factoryはやがて崩壊するのである。)

Factoryレーベルから音楽を紡いでいくと、何処まで行っても一筋縄ではいかない、味のあるアーティストに会うことができる。始まりはJoy Divison。80年代の最も冷たい魂を持つバンド。

ボーカルのイアン・カーティスの死後は、残ったメンバーはNew Orderとなる。今でこそあたりまえに思える、ロックとダンスの融合を成功させた、僕の大好きなバンド。天才的なボーカルのイアン亡き後、へたくそギターを担当だけと実は作曲の天才であるバーナード・サムナー(バーニー)が歌をうたうことに。これがまた、本当にどうしようもなくへたくそ。ライブ中はオクターブを上げたり下げたり声が出なかったりはあたりまえ。でも、何しろ曲が素晴らしいのと、これぞNew Orderと誰でも分かる高音域でメロディーを奏でる象徴的なベースを弾きピーター・フック(フッキー)、シンプルでも非常に確実なドラムを叩くステファン・モリスとその彼女(今は妻)の鍵盤担当ジリアン・ギルバートがそれを支えているのですね。

孤高の天才ギタリスト、ヴィニ・ライリーのプロジェクトであるThe Durutti Columnも最初からの仲間。天才ギタリストというと、アメリカンロックやハードロックに象徴されるギュインギュインとした音を想像するかもしれないですが、ヴィ二の音は唯一無二。印象的にエコーとディレイを用いた奏法に簡潔なリズムが入るだけ。曲調は癒し系だけど、基本は攻撃的なポストパンクであるNew Waveサウンドなのです。

忘れてはいけないのが、踊るチンピラ集団のHappy Mondays。

それを支えたのが、80年代の欧州陰鬱系楽曲の全ての根源である天才プロデューサーのマーティン・ハネットと、レコードジャケットをキャンバスに変えて主張するデザインを作り続ける完璧な仕事人ピーター・サヴィルの二人。そんな、彼らから馬鹿だの死ねだの言われながらも、皆から愛されて会社を存続させ、レーベルの芸術を外に発信し続けたのがトニーなのでした。

存命の間に、マイケル・ウィンターボトム監督による映画「24 Hour Party People」で自分の仕事の業績を伝説化させてまとめたことは、何よりだと思っています。

何はともあれ、57歳という若い年齢だったとのこと、本当に惜しいです。トニー、素晴らしい音楽をどうもありがとう。みんな、あなたを愛しています。
安らかにお眠り下さい。

Read and post comments

|

Send to a friend


Comments»

No comments yet — be the first.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: