jump to navigation

Wiiでやわらかあたま塾 May 13, 2007

Posted by marr0528 in Uncategorized.
Tags: ,
trackback

ひさしぶりに高校の時の友人3人と水入らずで遊ぶ機会がありました。ひとりは結婚すれど自ら離婚の危機を招き、もうひとりは結婚は先だけど彼女に浮気されて継続の危機。いや、みんな大変ですよね。うちが平穏無事なのは、お互いに仕事と趣味に没頭しすぎているからでしょうか…。

さて、そんな友だちと集まってやるのは、今や世の中の売れっ子任天堂のWii。友人が、本体は持参してきてくれたのに肝心のソフト(Wii Sport)を忘れてきてくれたので、気になっていた「やわらかあたま塾」を買ってもらいました。

山手線のなかでCMが延々と流れているので、以前から気になって任天堂のホームページを見たりしてたのですが、これ、ソフトの出来はともかく、任天堂のマーケティングが上手すぎる。ゴチャゴチャとゲームの説明をするよりも、それを遊んでいる人の様子をみせるのが、一番訴求力があることを、改めて感じました。

任天堂Wiiのホームページ

肝心のゲームですが、これは人のたくさん集まるパーティーでやるとかなり面白いかも。「直感」や「知覚」などいくつかのジャンルで問題のパターンが数種類ずつあり、それぞれ難易度が3段階ほどあるのですが、ずいぶんと頭を使うのは事実。でも、楽しみながら出来るような作りになってイルですね。お酒を飲んでやるのは、少し厳しいですが…。

実は、友人がそのままWiiをうちに預けて帰ってしまったので、今日もそのままうちのテレビの隣に安置されています。こっそりやわらかあたまテスト(?)を受けてみましたが、結果は写真の通り。いいのやら悪いのやら。

それにしても、数字に弱いとは心外です。ちなみに昨夜は、直感が一番強くて、記憶が一番まずかったので、ようは当てにならない、ということでしょうか。直感が一番強いと言うのも、心外でしたが…。(だったら、何が一番強ければいいの?と自問しましたが、答えが出ません。結局すべてに強くないと納得できないのでしょう。)

そうそう。今日は「ソムリエあたま」でしたが、昨夜は「投資家あたま」「写真家あたま」でした。

これから、ちょっとはまってしまいそうな予感です。

このソフトはさておき、Wiiはかなり気になっているのは事実です。UI(ユーザーインターフェイス)がかなり作り込まれていて、Macのようで惚れ惚れ。ニュースチャンネルとかお天気チャンネルの見せ方はかなりツボに入っています。でも、WiiはDVD再生が出来ないのがつらいところ。秋頃にアップデート機種が出る予定とのことですが、そしたら買っちゃうんだろうなぁ。それから、昔で言うPS2の「ブラボーミュージック」みたいに、オーケストラの指揮が出来る「Wii Music」が出たら、それこそ買いたくなっちゃうんだろうなぁ、と思いました。

Read and post comments

|

Send to a friend


Comments»

No comments yet — be the first.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: