jump to navigation

真夜中の政治ポジションテスト March 28, 2007

Posted by marr0528 in Uncategorized.
Tags: ,
trackback

政治のこととなると黙ってはいられない、でも、人の政治思想には口を出さない、というのがモットーのMarrさんが政治ポジションテストをやってみましたよ。

Yahoo!みんなの政治-統一地方選挙特集-政治ポジションテスト

海外で頑張るmixi仲間、Seikoさんとkinoくんのところからもらってきました。(無断拝借)

結果は画像(★のついているところ)と以下(引用文)の通りです。結果は概ね予想通り、かな。

テスト結果

あなたは「リベラルかつ小さな政府を目指すタイプ」です!

「政治・経済・社会の進歩に敏感で、政府の介入をなるべく小さくしつつ変革を進めることが大事」という考えを持っているのではないでしょうか。

あなたのタイプ

【リベラル】
あなたは個人の自由や権利を尊重しながら古い仕組みを変えていく政治が望ましいという考え方を持っているようです。また、新しい価値観や仕組みを積極的に取り入れようとする姿勢を持っていますが、そのせいで従来の社会が持つ良い面を見落としてしまうこともあるかもしれません。       

タイプ別 身近にある論点
非人道的であることなどを理由に、死刑を廃止すべきという意見があります。日本は死刑制度が存続していますが、過去に法務大臣の政治的信条から死刑執行が見送られたこともあります。しかし、近年は犯罪者に対して厳罰を求める声などを受け、死刑判決が増加しています。以上の経緯などから、日本における死刑存廃問題は複雑化しています。

【小さな政府】
あなたは政府が行う公共事業や社会保障などを抑制し、同種の民間サービスを受けるほうが、国民により多くの幸福がもたらされるという考え方を持っているようです。しかし「小さな政府」の場合、その種の民間サービスが存在しないところで暮らしていたり、裕福でない人たちはサービスを受けられず、格差が広がる現実を受けいれねばなりません。       

タイプ別 身近にある論点
1980年代の日本電信電話公社(現NTT)・日本専売公社(現JT)・日本国有鉄道(現JR各社)の三公社民営化をはじめ、最近では郵政民営化や市場化テストなど、政府が行っていた事業の民営化や民間との競争導入が進められています。しかし、民営化で先行した海外の郵政事業では、過当競争による企業経営の悪化やサービスの品質劣化などが問題になっており、民営化を批判する意見もあります。

このグループに近い考えの政治家
・B.クリントン    (前米国大統領で、連邦政府の財政再建を進める)
・T.ブレア    (英国首相で、「結果平等から機会平等へ」をコンセプトに教育や雇用政策を実施)
・青島幸男    (前東京都知事で、世界都市博覧会を中止)

以上です。設問は16問しかありませんから、時間のある方もない方もどうぞ。

Read and post comments |
Send to a friend


Comments»

No comments yet — be the first.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: