jump to navigation

Nokia N73 (Softbank 705NK) をより美しく January 21, 2007

Posted by marr0528 in Uncategorized.
Tags: , , , ,
trackback

1月13日に日本でもやっと発売されたNokia N73 (Softbank 705NK)をその日のうちに購入。一週間使ってみて、感想など、書いてみたいと思います。

まず言えるのは、やはりストレート端末は使いやすい、という点。何かをしたい時に、たとえば折りたたみの機種のように、「開く」という動作をしたり、スライド式の機種のように、「ずらす」という動作をしたりする必要がない訳です。センターに位置するジョグダイヤルによる操作や、一部では使いにくいと言われているダイヤルキーも想像以上に手になじみ、いい感じです。

それ以上に素晴らしいのがやはりそのデザインです。特にシルバーの前面部分が美しく、所有欲はかなり高め。昨秋から続いて来た物欲の波も、これでやっと一段落という感じです…。(iPhoneは取りあえず、様子を見るしかないですから…。)

さて、そんな素晴らしいN73を、よりよくするためには何が出来るか、というと、大きく二点に絞られます。曽於とウェア的な部分での使い勝手を高めていったり、所有するコンテンツを充実させていくという内面に関する点がまず一つ。そして、外面に関する部分がもう一点です。今日は、外面を更に美しくするために貴重な日曜日の時間を割きました。

この写真を見て下さい。素晴らしい筐体、なにも文句はありません、と言いたいのですが、改善点が二つあります。ひとつはボロボロになってきたPaul Smithのストラップ。これは、現在あたらしいものを捜索中です。もうひとつは、真ん中にひと際目につくところに鎮座する「=SoftBank」のロゴ。何とも目障りなこと、この上ない訳です。今日は、こいつを消し去ってやろう、というお話です。(前置きが長かった…。)

用意したのは、セロテープとメラミンフォームの使い捨てクリーナー。キーボード部分と液晶部分を保護するように
セロテープを貼り、あとは水を含ませたあとによく絞ったメラミンフォームで、ひたすらこすりまくるのです。最初は、必要以上に擦れてしまってへんな傷が入ってしまうのでは、とか、筐体にへんなあとが残ってしまうのではないか、とか悩んだ訳ですが、結果的には案ずるより産むが易し、でした。

21012007163210120071642101200716721012007168

どうです。いらないものがなくなって、すっきりきれいになったでしょう。これであとは、ちょうどいいストラップを見い出して付け替えるだけです。

それにしても、N73を擦りながらつくづく思いましたが、ユーザーにロゴを消される会社って、つくづく悲しいですよね。まぁ、もともとシンプルであることに意義を見いだすNokiaの端末に余計なものを入れざるを得なかったSoftBankも可哀想でもあるのですが、そうとも言い切れないのがこの会社がこの会社たる所以ではないでしょうか…。

Read and post comments

|

Send to a friend


Comments»

No comments yet — be the first.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: